« 北リアス線で宮古へ | メイン | 銀河鉄道の夜 »

2016年12月23日

106急行で盛岡行ってじゃじゃ麺だ

 宮古からは山田線で盛岡に向かうが、台風災害で不通になっているので、106急行バスで代行輸送をしている。北海道&東日本パスや青春18きっぷでも利用出来るので、まずJRはの窓口に行って、代行輸送の振替乗車票をもらおう。

 バスの待合室で待っていると、何か派手なバスが来た。乗ってみると奥行きが狭い。なんでもヒトものバスという奴で、後ろがヤマト運輸の荷物室になっているとのこと。客荷合造車……キハニですな。

 後方の荷物室の壁のおかげで圧迫感があるが、盛岡まで2時間15分を半分眠りつつ過ごしましょう。しかし、106急行と山田線を比べると、本数はバスの方が何倍もあり、山田線の旗色は悪いわけで、復旧してもどうなんだろうと思う次第。

 盛岡駅まで来てしまってから、晩御飯にじゃじゃ麺を食べようかと思って街中の方へ移動しよう。来た市内循環のでんでんむしバスのシートには都バスのみんくるちゃんがいらっしゃったのです。

 今日は3連休のため休みのお店が多い様で、有名な白龍にも行ったけど振られてしまった。結局不来方というお店でじゃじゃ麺にありつけたのです。

 ノーマルのじゃじゃ麺に肉味噌絡めていただきます。そして楽しみは食後のちーたんたんなのですよちぃたん。

 満足したところで、腹ごなしに歩いて盛岡駅へ向かいましょう。

投稿者 かわねぎ : 2016年12月23日 19:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6677

コメント

コメントしてください




保存しますか?