« はやとの風でかれい川 | メイン | 指宿から一気に博多へ »

2016年01月10日

指宿のたまて箱に乗って砂蒸し温泉へ

 次は指宿のたまて箱へ乗車しよう。海側と山側で色分けが真っ二つになっている。あれだ、仮面ライダーWだ。

 こちらもキハ47の改造車。座席もまた違った意匠になっている。

 JR九州では南九州のD&S列車のスタンプラリーをやっており、昨日の海幸山幸も含めてこれで見事4列車クリアだ。客室乗務員さんに渡してプレゼントゲットなのです。

 指宿のたまて箱、略していぶたま。途中駅の長時間停車が無いので車内でおとなしくしていよう。五位野駅で運転停車した時には平川動物園への誘惑があるが、がまんがまん。(・∀・)▽

 小一時間で指宿に到着。今日は指宿菜の花マラソンの開催日で、走る人、応援する人で賑わっている。

 自分はと言えば、せっかくなので砂蒸し温泉に入って行く事にしようと、マラソンランナーと反対方向に進んで砂むし会館「砂楽」へ。

 タオルとセットで1200円。浴衣をもらって、裸に浴衣だけで砂蒸し場へ向かいましょう。係の案内で寝そべって、そこに砂を掛けられる。埋葬される気分を味わった後はじんわりと暖まってくる。15分位のんびりしましょうか。

 スマホを砂蒸し場まで持ってこなかったので、埋まっている画像は無しと。温まった身体でまた駅に戻るとしましょうか。

投稿者 かわねぎ : 2016年01月10日 16:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6034

コメント

コメントしてください




保存しますか?