« とれいゆつばさで足湯体験 | メイン | 仙山線から仙石線へ仙石線全線精算 »

2015年06月28日

日本酒飲んで〆に蕎麦

 とれいゆつばさの足湯を堪能した後は、湯上がりのお楽しみ。15号車は湯上がりサロンとバーカウンターがあり、山形の地酒を堪能出来るのですよ。


 どれにしようかなと悩んで選んだお酒は米沢はお酒は東光の純米吟醸出羽燦々。おつまみは玉こんにゃくもいいかと思ったが汁物を開けるのが大変そうなので、山形芋煮を選んでみよう。

 11号車の自席まで持ち帰って良く通った車窓を眺めながら一献傾けよう。芋煮の方はまぁ、努力しましたと言ったところだが、車内のつまみとしては有りかな。

 そうこうしているうちに山形到着。ダイヤブロック製のE3系がお出迎えだ。ノーマルととれいゆの2両編成。

 山形からは仙山線で仙台に抜ける予定なのだが、お昼ごはん的な時間調整を。せっかく山形に来たのでお蕎麦と言う事で、駅ビルエスパル内の三津屋に行ってみるとしよう。

 頼んだのはざるそば大盛り。これこれ、この味ですよ。二段重ねなのです。

 さて、仙山線の電車に乗る前に、お土産に季節の果物を買っていきましょう。佐藤錦のバラ詰めと。

投稿者 かわねぎ : 2015年06月28日 11:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5661

コメント

コメントしてください




保存しますか?