« 白石と言えば温麺 | メイン | 青根温泉 岡崎旅館 »

2006年10月21日

こんこん蔵王のキツネ村

 次の目的地は、南文堂さん本命の宮城蔵王キツネ村。白石から車で30分くらい走ったところにある。キツネが多数放し飼いにされている施設で、映画の「こぎつねヘレン」に出演したキツネがここ出身という事らしい。

こんこん蔵王のキツネ村♪

 入場料700円とキツネのエサ(ソーセージ)とウサギのエサ(人参とキャベツ)を買い求め、いざ、園内へ。さっそくキツネが。

北極キツネ

 ソーセージは専用のエサ場であげることになる。皆さん、集まって参りました。当然、取り合いになるわけで、生存競争は激しいのでつ (`・ω・´)▽

でも、鈍くさい子もいるので、つい、そっちにあげたくも♪

 南文堂さんは撮影機材を担いで、自由に撮影モード。自分と鳥さんもキツネと戯れようと、園内をぐるぐると。さすがに触ったり必要以上に近づくと警戒するのだが、それなりの距離を保てば大丈夫らしい。というか、好奇心旺盛なので、あちらから近づく分には良いらしく♪

キタキツネは「きつね色」。他にも黒いギンギツネとか十字キツネとか色々。

 午後になってくると、だんだんと寒くなってくる。そんな時は、日の当たる場所で丸まって。たまに後ろ足でしぱぱぱぱ……

しぱぱぱぱ

 ほんと、ふさふさの尻尾でつ。

寝てるのを邪魔しないように注意して……

 こんなに近くでキツネを見たのは初めて。子犬と猫の声が混じった様な鳴き声も初めて聞けたし、なかなか貴重な体験だった。そういえば、自由行動になってから4時間経つけれど、南文堂さんは……


……閉園時間にはきちんと戻ってきました(ぉ

投稿者 かわねぎ : 2006年10月21日 17:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1102

コメント

コメントしてください




保存しますか?