« 今度は福岡へ | メイン | 門司 海峡ドラマシップ »

2006年07月31日

九州鉄道記念館

 博多駅から鹿児島本線の快速に乗って一路門司港駅へ。オープン以来初めて行く九州鉄道記念館がメインの目的だ。平日と言うこともあり、親子連れもそれほど多くなかったので、ゆっくりと見学できそうだ。

入口では9600がお出迎え

 まずは保存車両の展示からだ。人気のSLは9600とC59。EF10、ED72といかにも九州な車両が続く。そして目玉はこちら、キハ07。車内に入ることもできる。

機械式DC♪

車内は渋く♪

 特急電車からはクハ481とクハネ581。485系の方はクロ改造の600番台なんて通な車両だ。交直切換スイッチを付け忘れた(ぉ)500番台ならもっと良かったのに。そして、581系はこちら。どちらも車内に入ることができる。

正面から見る限りクハネ581だけど……

車内に入った瞬間に気づけよ……>自分

 車内に入ると、やはり下段寝台が組んであって、ロングシートにつり革……って、これ715系を塗り替えしただけぽぉ ▽( ゚Д゚)

ユニットサッシが萎え   (´ー`;)▽

 まぁ、努力は認めますが……せめてユニットサッシはなんとかしてほしく……

つばめは伝統的な列車名なのでつ

 屋内展示はちょっと物足りなさもあったが、サボを展示していた企画展が今日の昼12時までだったというのが物足りなさに拍車をかけてくれた。今日いっぱいやってくれればよかったのに(´・ω・`)▽

投稿者 かわねぎ : 2006年07月31日 12:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/989

コメント

コメントしてください




保存しますか?