« 首里城から石畳まで | メイン | 牧志の公設市場界隈 »

2006年06月17日

沖縄料理 安里家

 夕食はお酒を飲みながら沖縄料理を堪能と言うことで、単品ではなくコースで食べられるような所を探してみた。ぐるなびで探した所、国際通りの端になってしまうが、安里家という店に行ってみる事にした。

安里家

 頼んだのはコース料理の「美ら」2500円。まず、ジーマーミー豆腐とミミガーの和え物ともずくと近海物の刺身が先に出てきた。それと合わせてまずはオリオンビールを注文したので、まずは乾杯と行きましょうか。

まずはオリオンビールで乾杯♪

 次にドゥルワカシーとラフテーと何かの魚の昆布巻きと出てくる。そろそろビールも切れたので、泡盛に行きましょうかね。ずらりと泡盛の瓶が並ぶ上に飲み物メニューにも銘柄がずらりと並ぶと、どれが良いのかわからない。それなりに強くて泡盛らしい味香りの物を選んでもらうことにした。「咲元」という銘柄。うん、独特の香りが美味しい。

ドゥルワカシーは初めて

 ちゃんぷるーは種類が選べるので、二人分別々にゴーヤーと、豆腐をお願いしてみた。それと出てきたのがグルクンの唐揚げ。

お馴染みちゃんぷるぅでつ

骨までからりと♪

 最後にジューシーとアオサー汁が付くのだが、ここまでで結構な量があった。これで2500円はリーズナブルだろう。種類もあって満足行くものだった。

 せっかくなので、豆腐ようともう一種類泡盛を追加注文しましょうか。古酒で最初の「咲元」とは違った物をというオーダーで出してもらったのが「菊の露」の5年もの。全く性格が違うと言われて飲んでみると確かにその通り。後からじんわりと味が広がっていく感じだ。ああ、これいいなぁ。ここのご主人のチョイスのおかげで、泡盛も楽しめて何よりだ。つか、薦める種類が呑兵衛対応?(ぉ

投稿者 かわねぎ : 2006年06月17日 20:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/931

コメント

コメントしてください




保存しますか?