« 夕食はグルクンとゴーヤー | メイン | 竹富島の朝日は…… »

2006年05月01日

竹富島の日没

 沈む夕日を見てみたいと言うことで、夕日の眺望が楽しめる西桟橋へ向かって夕暮れ時に〜散歩する〜事にする。携帯も場所悪の圏外と言うこともないので、W41CAで日没時間を調べておいたところ、19時13分との事だ。

18:46

 既に西桟橋には数名集まって、思い思いに座っている。自分も空を見上げながらのんびりとすることにしよう。頭上はまだ青い空。微かに三日月の姿も見える。西の空はもう赤く染まりつつある。

18:49

 人がどんどん集まってくる。石垣島への船便はもう無いので、全員が島内の宿泊客(と地元民)という訳だ。そして、誰かが三線を奏で始める。静かな中、沖縄の音階が流れているこの西桟橋は、日常とは全く別の時間の流れだ。

19:06

 夕日が沈む先は、残念ながら曇り空。だけど、しっかりと空の赤味が増してきている。空の色って物理的にはどう説明したっけ……今はどうでもいい事だけど  (´ー`)▽

19:23

 夕日は完全に沈む中、天頂の色も暗くなってきていた。三日月もその存在をほんの少し主張し始めたようだ。そろそろギャラリーも宿に帰って行くようだ。私も朝早かったので、宿に戻って休むことにしよう。20時にはなんだかちょっとおねむになるのでつ(何)。

投稿者 かわねぎ : 2006年05月01日 19:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/853

コメント

コメントしてください




保存しますか?