« 糖朝で点心を | メイン | 台湾総督府の見学 »

2006年05月03日

台湾料理 Aoba

 夕食は台湾料理を食べてみたいのだが、店もメニューもわからないので、JCBプラザで教えてもらったお店に行くことにした。台湾料理で二人向けコースがあるお店という注文で、Aobaというお店だ。

Aobaと聞くと、仙台行きの新幹線を……(違

 MRT木柵線の大安駅からちょっと歩くことになる。なかなかオシャレなお店だ。予約の時間よりもちょっと早く着いてしまったので、時間までその辺を散歩してこよう。

 再び店に戻り、二人用のコースメニュー6品分を注文する。JCB予約の特典で、オリジナルのカクテル一杯がサービスになるのだが、ちょいと甘めで女性向きのカクテルだった。

 さて、いよいよコース開始。下の画像の左から、海鮮沙拉(海鮮サラダ)、松子鮮蝦球(海老と松の実炒め)、魯肉(豚の角煮)となる。味付けもしつこくなく、魯肉などは甘めの味付けを想像していたのが全然違う味。香草と合わせて、なかなかの美味しさだ。

全六品。美味しんぼで読んだことしかない仏跳牆でつよぉ

 画像下段は左から佛跳牆(佛跳びスープ)、烏魚子炒飯(からすみチャーハン)、そしてデザートとしてプリンだ。

 チャーハンは、からすみの濃厚な味わいがなかなか。そして佛跳牆。あの、稲森社長にたべさせたアレでつよぉ(何)。色々煮込んであって、濃厚な味なのですた。デザートまでのコースとしての量は結構あって、そちらも満足。これでNT$1800+サービス料NT$180ですた。

 さて、今日はもう疲れたので、宿に直行して爆睡したく。

投稿者 かわねぎ : 2006年05月03日 21:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/864

コメント

コメントしてください




保存しますか?