« コビトハツカネズミの赤ちゃん | メイン | 地震ぽぉ (((;゚д゚)) »

2006年04月20日

萬世橋駅遺構公開

 交通博物館に戻り、萬世橋駅の遺構特別公開だ。集合場所の1号機関車の前で点呼を受けて、いよいよ萬世橋駅跡に入っていく。

これが入場証

 まずは高架下のレンガアーチの広場に入り、萬世橋駅と交通博物館の映像上映となる。カビなのだろうか、独特の臭いとひんやりとした空気が、使われていなかった空間という雰囲気を醸し出す。今日の雨の影響か、壁の一部が濡れていたりも。

アーチはうまく撮れなかったぽ (´・ω・`)▽

 上映の後、数分間撮影タイム。その後で通路を通ってホーム跡まで移動する。途中の階段はほとんど手を加えておらず、当時の状況そのままだ。

通行用に整備されているが、壁とか床とかそのまま

階段はほぼそのまま

 中央線の生きているガードをくぐり、いよいよホーム跡へ。通過電車がガンガン通るので、ホームには出られずに覗き窓から見る形になる。写真撮りまくりと行きたいところだが、やはり電車がきた瞬間を撮りたい。誰かの「来たっ」の声に、一斉にカメラを構える見学者達  (´ー`;)▽

まんせ〜

 トータル20分弱で見学は終了。中央線の一大ターミナルとして賑わった萬世橋駅。その名残を見ることが出来た貴重な体験だった。有休を取った甲斐があるというものだ。

投稿者 かわねぎ : 2006年04月20日 15:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/838

コメント

いよいよ終わりですね。大阪から、2月に行った時は、9時半に入ったら、10時の受付してました。混み出したんですね。

屋上から旧ホームが望めますので、これもまた風情がありました。

貴重な遺構ですよね、壊すんでしょうかねぇ?

投稿者 あすか : 2006年04月28日 10:25

 雑誌とかテレビとかで紹介されたのでしょうか。4月に入って混んできた様です。公開が今日で終了かと思ったのですが、5月14日まで延長されたとのこと。

http://www.kouhaku.or.jp/mansei/event.html

本当にこれが最後のチャンスのようです。

 頭上を中央線が走っていますから、壊さず、ただ埋めるだけかもしれません。交通博物館の跡地って何になるのでしょうか?

投稿者 かわねぎ : 2006年04月28日 12:24

コメントしてください




保存しますか?