« そうだ、京都、行こう | メイン | ああ、さくら満開 »

2006年04月08日

半兵衛麩でお麩料理

 京阪五条駅で、南文堂さん、よっすぃーさん、MONDOさん、HIGE/Jさんと合流し、まずは昼食へ。予約していただいたのが、駅からほど近い半兵衛麩という京麩のお店だ。

半兵衛麩

 昔ながらの土間で少し待たされて、町屋作りの建物の奥へと通される。出てくるのは、むし養い料理(3000円+税)で、麩と湯葉のコース料理。楽しみだ。

まずはメインのお膳

 やってきたのがこちらのお膳。見るからに上品だ。メニューは解説してもらったが忘れてしまったので、All Aboutの記事を参照すると、生麩のしぐれ煮、焼き麩の酢の物、ゆば豆腐、山椒の味つけの生麩、利久坊、生麩の三色の田楽、光琳菊、ご飯、漬物となっている。

 まずはいただきます。生麩のしっかりとした歯ごたえに軽く驚き。もちろん美味しいわけだが、麩というと焼麩のイメージしか無い自分としては、別次元の食べ物だったりもする。左上の生麩のしぐれ煮は固めのそぼろといった感じだし、田楽はしっかりと蒟蒻ぽい色合いだし、言われなければ麩とは思えない。

見た目湯葉とは思えず♪

 こちらは汲み上げゆば。ちょっととろっとした感じだ。湯葉というと乾燥した物を思い浮かべてしまうので、こういう湯葉もあるのだなぁと。

麩とゆばのみぞれ和え

 麩とゆばのみぞれ和え。この前にゆばの唐揚げがあったのだが、写真を撮るのを忘れてしまったり。

<S>恐怖</S>京麩のみそ汁

 締めはよもぎ麩の白味噌仕立て。濃い味が。いわゆる「麩のみそ汁」と違って、生麩の食感と味噌の濃厚さで、しっかりとした味になっている。

 麩と言えば軽いイメージがあったのだが、なかなかどうして、グルテンの攻撃力は高かった。味もさることながら、しっかりと腹に溜まる具合で、満足満足。「むし養い料理」の「むし」とは腹の虫の事の事で、転じてちょっとしたおやつとか軽い食事とかだそうだ。ということは、京都の方の腹の虫は、よほど強力そうで……(ぉ

 さて、お土産に先程の生麩のしぐれ煮でも買っていきましょうか♪


 こちらのお店に行った方のブログなど。こちらこちらもどうぞ。

投稿者 かわねぎ : 2006年04月08日 13:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/820