« 函館朝市 天狗食堂 | メイン | 函館観光 その1 »

2006年02月04日

湯の川温泉 湯っ多里

 結局決めた宿は湯の川温泉。楽天トラベルの当日予約で「湯っ多里」という所がヒットしたので、ケータイから予約を入れて、早速宿へと向かう。一泊二食で6500円という安値だ。
 表通りからちょっと入った静かなところにある宿は、温泉宿というよりは日帰り浴場に泊まる部屋が付いているというイメージだ。観光客向けでは無い、質素な宿だ。ま、この値段で温泉に入って布団でゆっくり寝られれば、それだけで満足ぽ♪

 お風呂は広くはないが、源泉掛け流しということで質は本物。ナトリウム・カルシウム塩化物泉だ。その証拠に、湯の出口には炭酸カルシウムの結晶がこびりついてたりも。
 地元の常連さんが脱衣所で「今日は客が多かったからぬるいよ」と声をかけてきた。う〜ん、ぬるいのはちょっと物足りないかなぁ。
 が、入ってみると……

熱い。  これでぬるいんでつかぁ Σ(゚д゚lll)▽

 もともと源泉は65℃近くあるらしく、水でうめないと入っていられない温度だ。我慢して入ってみたが、手足がじんじんしてくる程だ。ある程度でギブアップし、ちょっとぬるめの露天風呂へと移動する。こちらはちょっと熱い程度なので、じっくりと堪能させてもらおう。う〜ん、生き返るなぁ。

 お風呂上がりは白牛乳。地元の牛乳店の瓶入り牛乳だ。かなり濃い牛乳で、キャップの周りが軽くクリーム状になっていたりもする。これは一生懸命振ればバターになるかも♪
まずはお造り系♪

 夕食はお造り、焼物、鱈鍋など海産系が並ぶ。さすがにこの値段では蟹は並ばないが、十分十分。珍しかったのがタコの子。不思議な食感で濃厚な味わい。お酒に合う一品だった。

投稿者 かわねぎ : 2006年02月04日 19:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/736

コメント

コメントしてください




保存しますか?