« 衆議院選挙の投票日 | メイン | 八重洲地下街 海濱亭 焼魚編 »

2005年09月12日

2匹を動物病院へ

 我が家のゴールデンハムスター「もう」の呼吸器系の調子がイマイチの状態になっていて、食欲も低下していた。別のゴールデンの「みみぃ」も調子が悪く、お尻が汚れている状態だった。腹水も溜まってお腹が脹れてしまい、動きにくそうにしているのだが、それだけではあるまい。平日になったので、動物病院に連れて行くことにした。少しでもこの子達の症状を緩和できれば、それに越したことはない。
 検査をしてもらい、「もう」は呼吸器系の感染症では無いかとのこと。ウイルス性の可能性もあるが、当面は抗生物質の投与で感染症を抑える方向で様子を見ることとなった。
 一方、「みみぃ」は腹水が溜まったお腹のエコーを撮ってもらい、さらに腹水を採取して検査をしてもらった。腫瘍が見つからなかったので、お腹が脹れているのは本当に腹水ということだ。ただ、原因はわからない。獣医学書を見せてもらって、症状名は忘れてしまったが、治療は難しい症状だという説明を受けた。薬は処方してもらったが、正直、覚悟をしておかなくてはなるまい。

 これから、投薬と食餌でしっかりと様子を見ていこう。ハムの病気の前に人間ごときに出来ることは小さいのだろうけれど、二匹とも一生懸命頑張っている姿を見ると、出来るだけのサポートをする事が飼い主としての役目なんだなと思う。

投稿者 かわねぎ : 2005年09月12日 19:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/523

コメント

コメントしてください




保存しますか?