« ジャスミン祭@ソウル | メイン | 慶州名物 ファンナムパン »

2005年08月06日

忠武キンパッとKTXと

 ジャッジメントされている間に(謎)KTXを一本逃したので、逃した指定券のデリート許可を取って、KTX105号東大邱(トンテグ)行の一般室の指定を改めて取る。KRパスだと一般室は無料で取れるので、今日の様な無駄な行程(後述)も出来てしまう。

ソウル駅ホームへ。広いぽぉ

 指定された号車は1号車で、東大邱行きだと一番後ろになる。編成全体で1号車だけがポツンと一般室になっているのは、機関車側だと静粛性に問題があるからだろうか。指定された席は進行方向向きなので、ちょっとホッとする。何せ車両の半分は逆向きだからねぇ。

KTX一般室車内

 発車と同時に買ってきた朝ご飯を広げる。明洞のど真ん中にある忠武キンパッ(チュンムキンパッ)で買ってきた忠武キンパッ(4000ウォン)がこちら。テイクアウトもこのように専用容器が準備されていて可能になっている。

チュンムキンパッ

 具無しの小型海苔巻きを、付け合わせのカクテキとイカの唐辛子和えと一緒にいただく。イカがなかなか美味しく、味の付いていないキンパッが進むのだ。ちょっと匂うが、まぁ韓国だし問題ないだろう。
 でも、隣席の若者がラテ+ワッフルを食べてるのを見て、一瞬自分の方がコリアンっぽい食事だなぁと思ったり。でもよく考えたら、マックなんかを食べてる日本人の隣でガイジンが寿司を食べていて「自分の方がジャパニーズぽいネ」なんて言っているのと同じだなぁと。

 KTXは高速専用線に入りどんどん速度を上げていく。さて、終点の東大邱までマターリしましょうかね。

2時間で東大邱到着

 ソウル→東大邱 KTX一般室で34900ウォン

投稿者 かわねぎ : 2005年08月06日 09:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ts9.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/471

コメント

コメントしてください




保存しますか?