« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月31日

コミュニティバス つくつくバス

 つくば駅から街歩きついでにLALAガーデンというショッピングモールへ行こうと思っていた。ちょっと離れているのでバスが無いかと調べたところ、コミュニティバス「つくつくバス」が運転されていたので、乗ってみることにした。

つくつくバス

 こんな小型のバスで一乗車160円。一日券300円というのもある。始発のつくばセンターでは通常のバスターミナルの乗り場になるので、小型のコミュニティバスと日本最大のメガライナーが並ぶシーンがあったりする。

 乗車する系統は「松代近隣シャトル」というルートで、40分に一本の頻度で走っている。つくばセンターと松代の団地を結ぶ路線で、他に「春日近隣シャトル」というルートがある。
 バスの中は座席定員8名位しかないので、最後に乗った私は立つことになってしまった。目的のバス停は途中の「小池」だが、松代をループしてもう一度通るので、復路の停留所まで乗って体験することにした。
乗客のほとんどは松代まで行き、ここで新たにつくばセンター方面の乗客が乗ってくるという流動らしい。試行中なのか、各バス停での乗降人員を記録していた。決して広くない道をくねくねと曲がっていくのは、小型バスの本領発揮だろう。
 結局、松代地区からつくばセンターへの帰路は乗客2名のみ。LALAガーテンからの帰りも利用してみたが、やはり2名だった。自家用車の利用が前提となっている街らしく、この手のコミュニティバスは根付かないのかもしれない。

投稿者 かわねぎ 15:09 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | バス /| 旅行記

つくばエクスプレス乗車

 今日のお出かけの本命は、24日に開業したつくばエクスプレスに乗ること。開業日もその次の土日も逃して今日になってしまったのは、開業記念一日乗車券(500円)を使える
日ということで狙っていた。
 12時過ぎに開業前に来た秋葉原駅へ。開業人気がまだ続いているらしく、券売機は行列している。私は一日乗車券でさっさと改札を入ることにした。
 乗車したのは13時ちょうど発の快速つくば行。まだ入線していないので、3・4号車を狙って並ぶことにする。つくば行に使われるTX-2000系は6両編成中3・4号車がセミクロスシートなので、その窓側狙いだ。

TX-2000系車内。セミクロスシートげと♪

 無事窓側をゲットして、いよいよ発車。クロスシート部分は意外にシートピッチが広く、向かい合わせの乗客と膝がぶつかることもない。通路側の肘掛けにはテーブルまで仕込んであり、東京地区の近郊型としては破格のシートだろう。車内は数名立ち客が出る程度の混み具合だ。
 電車は北千住まで各駅に止まるが、南千住までの地下区間を含め、それほどスピードを出しているわけではない。北千住を過ぎると130km/hの本領発揮だ。高架線を快調に飛ばしていく。南流山を過ぎると、まわりはのどかな景色になっていく。

TX-2000系。開業記念ヘッドマーク付き

 流山おおたかの森で先行の各駅停車守谷行を追い抜くので、乗り換えてみることにする。せっかくなので、守谷以北に入らない直流電車のTX-1000系にも乗っておこう。こちらは6両全てがロングシートになっている。

TX-1000系車内。ロングシート

 守谷までのあとわずかだけに、乗客もまばらになっている。まばらな上に、窓が大きいために、車内が明るく開放的に感じる。のどかさが残る柏市内の2駅に停まった後に終点の守谷に到着だ。

TX-1000系・秋葉原行


 守谷は関東鉄道常総線との乗換駅であり、運転系統も一区切りとなる駅だ。だが、外に出ると何もないところに突然出来た建物という感じがする。特にめぼしい物もないので、次に来る区間快速つくば行に乗って、さっさとつくばに向かうことにした。
 つくば行は当然交直流車のTX-2000系。守谷を出たところで空調が止まったので、どうしたのかと思ったのだが、しばらくして回復。そうだった。直流電化から交流電化に切り替わる無電化区間(デッドセクション)があるのだった。デッドセクションを通るのも何か久しぶりだったので、ちょっと驚いてしまった。
 区間快速は守谷〜つくば間の各駅に停まっていく。中間駅はいずれも何があるの、という位にのどかな駅ばかりだ。特に途中下車しようという気も起きず、そのままつくばまで乗車する。
 つくば駅に近づくと、地下へ潜る。流山おおたかの森や守谷のような豪勢な中間駅に比べると、両ターミナルは意外に狭い。地下駅故に仕方がないところか。改札を抜けて地上に出てみると、そこは初めて見るつくばセンター、市街中心部。バスターミナルを中心に発展して、そこに後付けで鉄道が出来たので、何となく「駅前」という雰囲気とは違って感じてしまう。むしろニュータウン鉄道の「駅前」に近いか。ちょっと歩いて雰囲気を身体で感じましょうかね。

 バブルに翻弄されてやっと開通した感があるつくばエクスプレス。これで全線完乗のタイトルを(一応)奪還した。60km弱を最速45分で駆け抜けて1150円。確かに速いし快適だった。自分にとっては沿線に用事が無いので滅多に乗る機会は無いのが残念だ。

投稿者 かわねぎ 14:37 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 鉄道 /| 旅行記

そば処 出羽香庵

 虎ノ門に山形県のアンテナショップ「やまがたプラザゆとり都」というのがある。ここは土日が休みなので行く機会がなかなか無かったのだが、有給休暇を取ったついでに寄ってみることにした。

こごさそば屋あんだずぅ

 当然山形の特産品の販売もあるのだが、一番のお目当ては中に入っている飲食店「そば処 出羽香庵」だ。都心で山形蕎麦を味わえるというのだから、食べずにいられようか。食券販売機で板そば(900円)を購入し、行列に並ぶ。まだ12時前なのに行列が出来始めているのは、店が狭いのもさることながら、人気があるということか。

うめぇがらけぇはぁ
板そばキタ━━━━━(゚∀゚)▽━━━━━!!!!

 しばらくして板せいろに盛られたそばが運ばれる。これが山形蕎麦の定番の板そばだ。メニューには温かいそばや天ぷら系もあるが、やはりそばそのものを味わうならこの板そばだろう。
 まずは一口。ああ、これこそ正しい「そば」。程よい固さとそば自体の香り。素朴な味わいが美味しい。一気にそばを「啜る」のではなく、「食べる」のが山形のそばだろう。最後にそば湯を飲んで、満足満足。

 この店は山形市の老舗「庄司屋」の東京店なので、そば自体確かな物である。都心で山形そばが食べられるのは嬉しいのだが、また山形に行きたくなってしまうんだよなぁ (´ー`;)▽

投稿者 かわねぎ 11:55 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (1) | 食べ物

2005年08月30日

全国労働衛生週間

 会社の休憩室に貼ってあるポスター。今週9月1日から全国労働衛生週間の準備期間に入るとの事だ。

うさぎ♪

 うさちゃん、和みます。でも、ハムちゃんだともっと和んで、社員約1名の生産性アップに……( ゚Д゚)つ)д`)▽

投稿者 かわねぎ 13:32 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハムスター

2005年08月29日

平塚 札幌亭

 出張帰りにみんなで平塚駅に着いた折り、ラーメンでも食べようという事になった。はて、平塚のラーメン屋は最近色々増えて来ているようだが、ほとんど行ったことがない。さて、何処に行こうかということだが、とりあえず駅前のアーケード街にあった「札幌亭」に入ることにした。
 醤油、味噌、塩とあるので、好みで醤油を選ぶ。券売機で食券を買って、ついでに餃子も二人に一皿頼んでおきましょうか。

札幌亭しょうゆラーメン

 しばらくしてやってきたのがこちら。シンプルな具材の中で、分厚いチャーシューが際だっている。さて、まずスープを味わってみると、良く言えばさっぱりした、正直なところ物足りない味だった。コクが弱く、チャーシューの味に負けてしまっている。ちょっと残念。麺がどうこうより、全体的な印象が弱々しい物だった。「札幌」と言うことで味噌を頼んでおくべきだったかなぁ。

投稿者 かわねぎ 22:28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 食べ物

2005年08月28日

ベッカーズ グリル野菜のチーズバーガー

 ハンバーガー店で意外に好きなのがベッカーズ。JR東日本系なので電車を利用するときに使いたいのだが、一番近い店舗が藤沢と大船なのが残念なところ。意識的に電車を降りないと利用機会が無いのであった。

ちらりとめくってみたけれど、うまく撮れず……(´・ω・`)▽

 今回食べたのは、先月メニューに加わった「グリル野菜のチーズバーガー」(400円)。サイトにあるクーポンをプリントアウトしておけば、ドリンクが1杯無料だ。値段は高めではあるが、程よく焼けたパティの美味しさからすれば妥当な値段だ。アスパラやら何やら野菜が入っているのがウリなのだろうが、細長いのアスパラがかみ切れずにそのままずる〜っと抜いて食べてしまったり。美味しいのは美味しいのだが、やっぱオーソドックスな「ベッカーズバーガー」の方がいいかなあ。

投稿者 かわねぎ 10:37 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 食べ物

2005年08月27日

W&Berryz工房コンサート

「8/27空けといてね」
「え?」
「もうチケット二人分取ったから □□⊂(・∀・ )」
「ええっ? ▽(;゚Д゚)」

 家内から予定を一方的に決められて、連れて行かれたのが大宮ソニックシティ。なんでも誰かのコンサートがあるらしい。まぁ、家内の誘いと言うことはあっち系だろうけど……

なんちゅうチケットを取ってるぅ YOU KNOW?

「工房好きでしょ? □⊂(・∀・ )」
「……ヒテイ ハ シマセン ▽(;´ー`)つ□ 」

 ということで、2005年夏 W&Berryz工房コンサートツアー「HIGHSCORE!」に参戦することに相成った。会場の外でテンションを高めている濃い人達をかき分けて、ホールに入る。指定された座席は14列目で、ステージに対して右端側。かなり近いところ。右側でラッキーだったという家内だが、その理由も「 ( ´D`) 側でしょ?」っていうのが……まぁそういう意味なら 从´∇`从 も……

 さて、開演。「ああ、いいな」が流れると会場が一気に盛り上がる。

キタ━━━━━( ‘ д‘) ( ´D`)━━━━━!!!!
キタ━━━━━川*^∇^) 从´∇`从━━━━━!!!!

 初めて見る生 从´∇`从 ♪ では自分もサイリウムを振り上げ……って、周りを見たら振り付け完璧に踊りまくる観客達。踊れないとダメなんでつかぁ?  ▽(゚Д゚≡゚Д゚)▽  今さらながら、とんでもない所に来たような気がする(汗

 周りの濃いテンションに圧倒されつつも1時間半余り楽しませてもらった。後半のスッペシャルジェネレーションとか、なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?とか、ハピネス〜幸福歓迎!とか盛り上がる曲だと、背伸びしてない元気な女の子って、やっぱいいなぁと思ったり。

 まぁ、从´∇`从 と 川*^∇^) しか視界に入ってない時点でアレな訳ですが♪ あ、汗びっしょりで頑張る 川´・_・リ もなかなか良かったかなぁと。

 そんなこんなで、無理矢理連れてこられた一日でした。

投稿者 かわねぎ 15:58 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハロー!プロジェクト

マハラジャのカレーバイキング

 お昼はカレーが食べたいなぁと、出かけたついでに入ったのが新宿のマハラジャ。小田急サザンタワーの中だ。先週の幕張出撃でも幕張店に行ったような気もするが、まぁそれはそれ♪

新宿マハラジャ外見

 ランチタイムのメニューは何種類かあるのだが、やはりここはバイキング(997円)だろう。4種類のカレーが食べ放題。ナンやサフランライス、サラダも好きなだけ付く。さぁ、皿をもらって出撃だ。

カレー♪

 カレーの内容は、マトンのキーマカレー、チキンカレー、野菜のカレー、豆のカレーだ。この中でマトンカレーが一番辛いけれど、そこそこ辛いのしか食べられない自分でも十分に食べられる辛さだ。4種の中では一番好みかも。チキンカレーは汁をすするより、大きめの鶏肉を食べるといった方がいいか。
 一通りのカレーをナンとライスでいただいて、満足しました。考えてみれば手数のかからないランチなんだろうけど、満足度はなかなかの物だった。

投稿者 かわねぎ 11:58 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2) | 食べ物

2005年08月26日

超長寿マウス

 残業な時間に突入する前、息抜きにヤフーのニュースでもぽつぽつと見ていく。ざっと流していくと、視界の端に何かが引っかかった。写真ニュースのサムネイル画像だ。次のニュースをクリックしてしまったので、慌てて一画面戻ってその画像をクリックする。

人間なら120歳の超長寿マウス
▽(;´Д`)ノ せんせー、ねずみでつ

 遺伝子操作で生み出された超長寿マウス。平均寿命が1.3倍延びたそうだ。その代わりに生殖能力が低下と。改良ハムスターが欲しいとかそういう話も思いつかず、画像の3匹のねずみたんに思わずハァハァ。いえね、これがまた可愛くて。残業への活力を補充させていただきました♪

投稿者 かわねぎ 17:51 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハムスター

2005年08月25日

福島の桃

 家内の友達から桃が送られてきた。福島も桃が美味しい所で、いただいた物も期待できそうだ。

福島のもも♪ (゚д゚)▽ ウマー

 しばらく冷やした後に、早速食べてみると……美味しいでつ♪ うん、さすが果物王国福島。美味しくいただきました♪

投稿者 かわねぎ 23:56 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0) | 食べ物

2005年08月24日

道明寺

 西友で88円に値下げしていたので、買ってきた。ロボロフスキーサイズ(何)が3個入り♪

一個は家内のために残しておかないと……

投稿者 かわねぎ 23:04 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 食べ物

2005年08月23日

椅子が壊れた

 椅子。それは権威の象徴。
 椅子。それは階級の象徴。

 ということで、自分の平社員用椅子にいつものように座って仕事をしようとしたところ……

 高さ調節が壊れたぽぉ Σ(゚д゚lll)▽

 高さ調節のロックが効かず、座ると最低の位置まで ずずず と沈み込んでいくようになってしまった。叩いてもネジを締めてもダメ。座面が10センチ近くは低くなってしまったろうか。そうなるとパソコンを打ったり資料を書く時の姿勢が変わってしまう。う〜〜ん、違和感ありまくり。

 小学生の視線の高さってこんなもんかなぁ、なんて事を考えて気を紛らわす……訳にもいかないので、中古の椅子を調達してきた。同じ様な高さにして、何とかいつもの姿勢になるように調節だ。まぁ、お尻の座りがイマイチ違和感あるが、まぁそのうち慣れるだろう。

私が座って2年半、ご苦労様

 私を毎日支えてくれた椅子、今までご苦労様。この椅子、結構座り心地が良かったんだよなあ……▽(ノД`)ノシ

投稿者 かわねぎ 12:16 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月22日

どうせ客層間違えるなら

 コンビニで会計しているとき、何気なくレジを見ていたら、最後の客層の所で、30代のボタンへと店員の指が伸びていった。まあ、若くもなく年取ってもなく、普通に見られているのだなぁ。押すのかなと思ったら、指は隣の「30代女性」に……

 ▽( ゚Д゚)

 ええと、自分は男性です。正しく男性でつ。でも、どうせ押すなら「10代女性」を激しくキボン……(マテ

投稿者 かわねぎ 23:28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月21日

ANAの翼たち コンプ

 ローソンの飛行機フィギュア「時代を彩ったANAの翼たち」。透かして見るポイントも判ったので、残りの3機を揃えた。透かして判別できるとは言え、店頭でペットボトルを前にして じーっ と調べる自分は、どうみても不審者だったり  (´ー`;)▽

B727とツンデレ3代目たん♪

 まずはB727。3代目たんにご登場願いました。

トライスターと同期の5代目たん♪

 こちらはトライスターことL-1011。トライスターといえば5代目たんということで♪

純国産YS-11♪

 最後に、YS-11。時期的に2代目たん〜8代目たんの誰でもいいのだけれど、好みで2代目たんを♪

 ということで、無駄な投資をせずにコンプできました。さて、ペットボトル8本、どうしましょうかねぇ。

投稿者 かわねぎ 20:57 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2) | 航空 /| 旅行記

2005年08月20日

つくばエクスプレス開業4日前

 キャラホビの帰りに秋葉原を経由する。アキバといえば、来る8月24日につくばエクスプレスこと首都圏新都市鉄道が開業する。開業を前に、記念の一日フリーきっぷを発売しているというので、一つ所望しようかと思った。

 まずは、唯一開いていた出入り口。新設なったJR秋葉原駅の中央改札口を含めた界隈なのだが、見慣れぬ光景にびっくり。えーと、ここ、秋葉原でつか??

TX秋葉原駅

 エスカレーターを何本か降りていくと、広々としたコンコースだ。フリーきっぷはここに机を置いて、売っていた。一枚500円。8月29日〜31日のうち1日間だけ有効だ。って、平日ぽ(´・ω・`)▽

TX秋葉原駅

 フリーきっぷの他に、定期券の発売業務を開始していた。発売窓口は結構奥なので、そこまで用もないのに行ってみる。通路の半分以上は、開業の記念式典の準備中だったりもする。

クレジットカードのステッカーに気がついた方もいるかもしれませんが、それは定期券購入でしか使えません orz

 ずらりと並んだ券売機も準備中。券売機設置スペースの半数しか券売機が埋まっていない。まぁパスネット使えるし、近い将来はSuicaだし、そんなに台数置かなくても良いのだろう。

自動改札は当然パスネット対応

 自動改札の上の電光掲示板に発車時刻が表示されていたけど、これは開業時のダイヤと同じ?

まぁるい緑の山手線〜♪

 こちらは総武線を挟んだ反対側のヨドバシカメラのビル。つくばエクスプレスの開業も楽しみだが、ヨドバシのオープンも楽しみだったりする。

 しかし、開業日に休みが取れないのが残念。でも、フリーきっぷを有効に使うために、8月29日〜31日のどれかに、有休を取ろうかなぁ(ぉ

投稿者 かわねぎ 17:46 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 鉄道

キャラホビ2005行ってきた

 今日は幕張でキャラホビ2005をやっているのだが、チケットを頂いたので、行ってみることにした。

 まずはおつかいものという事で、会場限定のゾイドをゲットするために電撃ホビーマガジンのブースに向かってみると、行列がずらりと。うぁ、これは凄い、と思いつつ列を整理しているお兄さんに様子を聞いてみると、もう微妙ではないかとのこと。結局、予定数終了……買えませんでした(´・ω・`)▽。 みんな6個ずつ買ってるもんなぁ。

売り切れ……orz

 気を取り直して、会場を見て回る。特に限定物とかグッズとかを求めるアテはないのだが、冷やかしで見ていく。う〜ん、ガンダムSEED物はいっぱいあるけど、見てないし、どれが何ガンダムだか、しらんがな(´・ω・`)▽

どれがどれだが……

 こちらには、Zガンダムが。うん、宇宙世紀ガンダムを見るとほっとするなぁ。そんな自分はオールドタイプぽ。

Zと百式

 ガンダム系以外だと、こんなのに目が行ったり。サイクロン号と合わせて展示されていた。1号も2号もかっこいいのでつ。

技の一号力の二号♪

 目に付いたのが、これ。欲しいなあ。

ふたご姫スイング♪

じゃ、なくて、こっちの迷彩ドップ。かっこいいぽ

一般機がこれだとガルマ様だけ目立っちゃいそう

 ざっと見て、一番目を引いたのは「ロボットおもちゃ博物館」という展示だった。昔からのロボットおもちゃがずらりと並んでいるだけの展示だが、マイナーな物もあったりして、意外に興味を引く。そんな中で、自分が買ってもらえたのは、持ってたのはコンバトラーVだけだったなぁ。

投稿者 かわねぎ 15:28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | アニメ・特撮

2005年08月19日

特典航空券が届いた

 頼んでおいた特典航空券が三組届いた。いずれもANA韓国線のチケットで、一組あたり15000マイルとなるので、都合45000マイルの消費だ。
 一つは11月に家内を韓国旅行に連れて行こうと、羽田−金浦の往復分。自分ばかりではなく、たまには連れて行かないとねぇ。なにせこんな写真見せてしまうと…… (´ー`;)▽
 土日の一泊二日の行程なのだが、このような時は席さえ取れれば特典航空券のメリットが最大限に生かせる。羽田発だと成田発に比べて値段が高い上、一泊二日では格安航空券やIT運賃もまず使えないし、一日延ばしても土日に絡まると追加運賃取られるケースになりそうだ。本来なら普通運賃位しか適用できない日程なのである。
 普通運賃だと、往復で10万程度。ソウルごときでこんな値段を出して乗るつもりは無いけれど、計算上ということで。これが15000マイルだから、1マイル=6.7円換算となる。クレジットカードで1.5%のマイルとして貯めていたとすると、実に10%越の換算率となる。あくまで計算上だけどね  (´ー`)▽

 後の二組は自分用のチケットだ。11月と来年3月の分。今回はこんなルートで発券してみた。ちょっと寄り道が長いかな。こうなると換算率は……

 中部国際−松山−羽田−金浦−羽田−伊丹−仙台
 金浦−羽田−那覇−中部国際−福岡−羽田(成田)−仁川

……割引運賃で15%、普通運賃だと20%強位になるけど、実際に旅行する気力がありますかどーか
(´ー`;)▽

投稿者 かわねぎ 19:05 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | クレジットカード・金券 /| 航空 /| 旅行記

2005年08月18日

ANAの飛行機フィギュア

 ローソンでANAの飛行機フィギュアが販促品でついてくる企画をやっているとの事だ。その名も「時代を彩ったANAの翼たち」。ペットボトル2本につき1コ。ANA派な自分としては、ここは買ってみることにしよう。噂だと、袋の上から透かしてみれば、どの機種は判別付けられるそうだけれど、まずは1機購入してみる。

B-747と9代目たん♪

 747でした。ANAの現行機って事で9代目たんと並べてみたけど、既に皆様やってますなあ。確かに透かしてみると、モヒカンブルー機は簡単に判別が付く。さて、コンプに向けてがんがってみましょうか。

投稿者 かわねぎ 19:21 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1) | アニメ・特撮 /| 航空

2005年08月17日

かわねこって、誰?

 午後の仕事場。部長が私にメールを送ってきたしばし後、何やら話しかけてきた。開口一番、

「な、かわねこって、誰?」

 Σ(゚д゚lll)▽

 なじぇその名を? まさかTS9を見に来ている訳でもないだろうし……いや、でもその名は……でも、私に聞く?? ガクブルしていると、

「メール出した覚え無いんだけどなぁ」

 なんでもメールデーモンからエラーが帰ってきているとの事だった。見せてもらうと、kawaneko@di.pdx.ne.jpなメアドに出していたらしい。京ぽんで使っていたメアドで、解約したときに使えなくなった奴だった。確かにそこに出せばエラーで返ってくるはずだ。

「かわねこなんて、アドレス帳に登録してないぞ」

 あのー、かわねこかわねこ連呼しないでくださいにゃ。一度、メールチェックの為に、京ぽんからメールを送った事があった。それに返信したのだろう。つか、いつのメールに返信してるんでつかぁ。

いやぁ、一気に涼しくなりました。
冷や汗で  (´ー`;)▽

投稿者 かわねぎ 15:11 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月16日

地震ぽぉ (((;゚д゚))

 ん?……揺れてるぽぉ ((((▽(;゚д゚)))))

 総務部のパソをメンテナンス中に、何か揺れているのを感じた。と思ったら、結構大きく揺れはじめた。あぅ、植え込みの木が揺れてる、いや、建物が揺れている。これは大きい……それがだいぶ長く続いた。
 早速、宮城県で震度6弱という情報が入ってくる。宮城といえば隣は福島。福島工場は無事かと、総務部長が電話をかけてみるが、やっぱり繋がらない。そりゃ輻輳するだろう。その後の情報では、福島で震度5、当地で震度4との事だった。
 実家の郡山の状況が気になり、自宅の家内経由で電話をかけて貰った。なんとか電話は繋がり、無事なことが確認できたのでほっとする。何か落っこちて来たとしても、怪我とか無くて何よりだった。宮城にも親類がいるけど、規制絡みで繋がらないんだよね……

 震源地が宮城沖と聞いて、1978年の宮城県沖地震の体験を思い出した。今までで感じた一番大きな地震だった。宮城県沖は周期的にそろそろという時期らしいが、マグニチュードの小ささから見ると「本番」では無いらしい。ってことは、大きいのがこれから来ると? ((((▽(;゚д゚)))))
 神奈川も色々と地震の巣を抱えて不安なのだが、実家方面も不安だなぁ。こればっかりは日頃の備えが必要だと、改めて思った次第。食べてしまった備蓄用缶詰、補充しなきゃなぁ。

ちなみに、震度4でも、うちのハムちゃん達はぐっすり寝てたそうな。
野生の勘って、何?  (´ー`;)▽

投稿者 かわねぎ 14:32 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月15日

ローカルな入れ替わりCM

 実家に帰った時の楽しみの一つに、福島ローカルなテレビコマーシャルがある。別に意識して見ている訳ではないが、なんとなくテレビを見ていて、おおっと思うことがある。
 時節柄、帰省土産のコマーシャルが多いなぁとぼーっと見ていたら、OLがうきうき走っているシーンが出てきて、曲がり角の先ではオヤジが向かってきて。まぁ、そんなベタな展開になる訳もないだろうと思ったのだが……

「魂が入れ替わっちゃったぁ」

 該当ぽぉ ▽( ゚Д゚)

 その後、オヤジなOLさんは「そんな事より〜」と、走り去っていくのでありました。 パチンコ店だったか……良く見ておかなかったのを後悔したり。福島ローカル、侮れず。どなたか、情報を……

投稿者 かわねぎ 09:06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | テレビ・芸能

2005年08月14日

あれから一年経った

あれから一年経った。

 あの夏の暑い日に、異国の地で受け取った訃報。どんなに急いてもその日のうちに戻れないもどかしさ。あれから一年。今日は母の一周忌である。寺で読経してもらい、墓にお参りする。兄弟や親戚が集まってくれて、母も喜んでいることだろう。

 思うことは、一年も経つと慣れるのだなと。ただ、この一年、間に合わなかった後悔は事あるごとに浮かび上がってきた。色々と思い出話をするのが供養ではあるが、ただ一つ、末期の話だけは聞きたくないし、話せない。話題が出ても共有できない自分がいるし、客観的に話を聞いていても、出てくるのは自責の念ばかり。こればかりは慣れないし忘れられない。

 悔やんでも悔やみきれない事は、ずっと引きずっていくのかもしれない。これだけは、一生背負っていくんだな……

投稿者 かわねぎ 12:28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月13日

GOIGOI ・゜・(ノД`)・゜・

 saku saku のご意見番の中の人がお亡くなりになったとの噂がネットに出ていて、信憑性も高そうだったのだが、本日、番組の公式ページ内で発表があった。享年35。仕事も人生もまだまだではないか。自分と変わらない歳だけに、無念はいかほどだったろう。
 ジゴロウの相方としてsaku sakuという番組には欠かせない存在だったし、ジゴロウ、ペパー引退後においては、ふわふわ系パペットが無くても不可欠の存在だった。ヴィンセントと共に、現体制に慣れてきた矢先の出来事だった。

 ご冥福をお祈りいたします。そして、自分が出来ることは、公式ページでのお願いのように、いつもの様にsaku sakuを楽しむこと。それがファンとしての手向けなのかなと。

やべ、大和のうたを聞いたらますます……・゜・▽(ノД`)・゜・

投稿者 かわねぎ 07:53 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1) | テレビ・芸能

2005年08月12日

まゆげ?

 何となく毛並みが眉毛っぽく……寝ぐせ?

眉毛びーむ♪

投稿者 かわねぎ 22:03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハムスター

2005年08月11日

JCBのQuicpay

 電子マネーといえば、今やedyとSuicaが両雄と言えよう。どちらもある程度の金額をチャージして使い分けている。そんな中、こんな電子マネーカードがあるので、申しこんでみた。JCBが展開しようとしている「QUICPay」だ。QuickとICをかけたネーミングの様だ。

つい作ってしまった。今は反省している。

 特筆は、事前にチャージせずに使え、クレジットカードからのポストペイ方式ということらしい。えーと、IC付きクレジットカードにその機能を持たせちゃダメなの?? おさいふケータイでも使えるので、そちらは意味がありそうだ。
 だが、一番の難点は、加盟店がもの凄く少ないと言うこと。正直言って、身近に使えるところがない。まぁ、自分にとっては意味が無いと言うことだ。で、そんな物、何で作ったのかと言うと……

趣味です

 ( ゚Д゚)つ)д`)▽

投稿者 かわねぎ 00:03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | クレジットカード・金券

2005年08月10日

寒川の花火大会

 厚木まで車で買い物に出かけた帰り、何か遠くから重低音が響いてきた。そして東の方に打ち上げ花火の華が開く。方角的に寒川の花火大会のようだ。今日だったのか。
 ちょっと脇道に入ってゆっくりと走りながら花火を眺める。周りが田んぼで開けている所だと、車を止めたり家から出てきたりして眺めているので、私も車を止めてギャラリーの一員に混ぜて貰おう。
 ここ平塚市田村と寒川とは相模川を挟んで結構な距離なのだが、周りにそれほど高い建物もないので、意外に良く見える。結構打ち上げる数も多い様だ。

たまや〜♪
ケータイしか持っていなかったので、こんな程度しか撮れなかったけれど

 自宅の裏からも ちらっ とだけ見えるのだが、アパートの二階だともっと良く見えるんだろうなぁ……

投稿者 かわねぎ 19:55 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月09日

くるん、ごめんね

 実は、韓国旅行中に訃報を受け取っていた。キャンベルハムスターの「くるん」が5日に亡くなってしまったのだ。帰国は7日、家に帰るのは8日。この夏の暑い日に、亡骸をそのままにしておくことはさすがに出来ない。家内に埋葬をお願いし、異国の地から冥福を祈った。

 旅行から帰って来て玄関を開ける前に、埋葬されているプランターに手を合わせた。看取るどころか見送ることが出来なかった。最後の姿をデジカメ画像で見せて貰ったのがせめてもの救いだった。ごめんね、見送れなくて。
 大きな腫瘍が出来てしまっても、元気に回し車を回していたくるんだったが、ここ数ヶ月はあまり活発に動かなくなっていた。疲れた様子で回し車でうずくまっている姿を見て、まだ大丈夫だ、と見守っていたのだが、くるんは毎日頑張ってくれていた。けれど見守れないときに逝ってしまった。享年1年3ヶ月。最後に君を手のひらに抱き上げたのはいつだっけ……・゜・(ノД`)・゜・


 ペットショップで初めて君を見たときは、10連続バック転を何度も披露してくれた。くるんくるんと回るその姿に、一目惚れしてしまった。家に来てからは数回しかやってくれなかったけれど。
 ハムスターランドに逝ってしまっても、向こうでこんな風に回っていると信じて……


Windows Media Playerのプラグインが必要です

投稿者 かわねぎ 09:57 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0) | ハムスター

2005年08月08日

危険物の持ち込みはお断りします

 翌朝7時。やっと家にたどり着いた。ムーンライトながらの車内でも、東京折り返しの車内でも、なんか網棚の上に載せた荷物から、ほのかなキムチの香りが漂って来たような気がしていた。まぁ、大丈夫だろうと家に帰ってから荷物を開けてみたら……

20時間以上、夏の外気温に置いておいた様な物だけに、自業自得なんでつけどね……

 膨張してるぽぉ Σ(゚д゚lll)▽

 発酵しまくって、パンパンに膨れあがった状態だ。これがあと半日経っていたら、確実に逝っちゃっていた事だろう。
 ソウルの空港でキムチが爆発物検知器に引っかかったというネタのような話があったが、それは誤検出ではなくて、正しい警告だったと思う。なにせ実物が、ほれ、このとおり……

投稿者 かわねぎ 07:21 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

2005年08月07日

いよいよ帰国

 世宗ホテル前の「明洞駅」バス停からおよそ1時間で仁川空港に到着。帰国便は私が18時35分発の名古屋行NH942便だ。鳥さんがアシアナ航空のOZ106便成田行で17時発。ANAのカウンターが開くのが16時05分なので、鳥さんが出国してもまだチェックイン出来ないという事になってしまった。
 チェックインの後出国審査を受け、OZ106便のゲートに行ってみたが、ANAとアシアナは空港の端と端。歩いて歩いて、ゲートクローズのちょっと前だったが、鳥さんはもう乗り込んでしまった模様。スポットアウトを見送りましょうかね。

オリコかUCをドゾー♪

 NH942便の搭乗案内まで、オリコカードのラウンジで一休みする。トランジットホテル併設のレストランにラウンジサービス専用メニューがあり、ワンドリンクを無料で飲むことが出来る。このためだけにオリコGOLD Uptyカードを作ってあったりする。

前方の通路側お願い♪

 今回のチケットは、仁川→名古屋の3ヶ月有効の往復チケット。空港税等込みで337000ウォン(37000円)だった。3ヶ月有効と言うことは、当然また韓国に来ると言うことで♪

空港施設の撮影は禁じられ……

 NH942便も来たときと同じA-320。搭乗券に「B」というシールが貼ってあるが、前方席は後半に搭乗してくれとの案内だ。自分の搭乗券は前方の通路側だ。嵩張る荷物は預けてあるし、ゆっくりと乗り込みましょうか。

恒例、えさ♪

 夕食には少ない量の機内食。フライト時間が1時間50分ではこんな物だろう。時間が短くても酒類は無料なので、しっかりとワインでもいただいておきましょうか。それにしても、機内サービスで帰路でもDANZENプリキュアが聞けなかったのは、謝罪と賠償だなぁと……( ゚Д゚)つ)д`)▽

 セントレアこと中部国際空港には定刻に到着。入国して荷物を受け取って税関を抜けて名鉄の切符を買って、で約30分だった。これで、夏休みの3泊4日韓国旅行は終了。色々乗って色々食べて、充実した夏休みだった。次の訪韓に向けて、頑張りましょうかね。

 さて、これからムーンライトながら92号で東京方面へと戻りましょうか。先は長いぽ (´・ω・`)▽

投稿者 かわねぎ 20:43 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 航空 /| 食べ物 /| 旅行記

田舎定食 ジゴルパッサン

 一度明洞へ戻る。荷物を引き取る前に、昼食を取っておこう。宿の近くにある「ジゴルパッサン」というお店を調べておいた。なんでも、ずらりと並ぶおかずの数が壮観だとか。
 メニューが広島にありそうなしゃもじに書いてあるのがご愛敬。頼んだのは店名にもなっている「ジゴルパッサン(一人5000ウォン)」だ。「田舎の食膳」といった意味だ。単品メニューも勧められたが、とりあえずはジゴルパッサンのみで行ってみよう。しばらくしてやってきたのがこちら。

田舎の定食(ジゴルパッサン)

 少量多品種のおかずが並ぶこと26種類。それにご飯と味噌汁だ。これだけでテーブルがほぼ一杯になる。人数が更に増えると、おかずの皿数も増えるらしい。傾向として野菜類が多いかな。
 品数に圧倒されたが、やはりおかずはおかず。主役がいないのがちょい不満。韓定食は全部が主役級だったが、こちらは脇役の集合体。やっぱり勧められた様に単品を加えるべきだったかと反省。ケランチムなんて気になったのだけれどね。味はそれなりで、量は全部食べたらお腹いっぱいな位だった。

 さて、韓国旅行もこれで最後のポイントだ。宿に荷物を取りに行って、バスで仁川空港へ向かいましょうか。

投稿者 かわねぎ 12:32 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

景福宮

 鳥さんの携帯は、結局チェックアウト時に宿のベッドに忘れてきた様だった。無事に見つかってなによりだ。気を取り直して最後の観光として、景福宮に行ってみることにする。明洞から地下鉄を乗り継いで景福宮駅へ。

景福宮の第一門、興礼門

 世宗大路をまっすぐ行くとぶつかるのがここ、景福宮(キョンボックン)。最初の光化門が工事中なのが残念だ。ここはソウル市内にある王宮の中でも一番広い所らしい。入場券3000ウォンを買って中へ入る。門はこのように衛兵部隊に守られているので、写真を一枚♪ 側に立って一緒に記念撮影してもOKのようだ。

動かないので中の人も大変ぽ

 復元された門やら建物を、案内文を見ながら眺めていく。ほとんど日帝がぶっ潰して朝鮮総督府の建家を建てた、とあるが、話半分に聞いておこう。朝鮮総督府跡地に対して、一方的な見方はしてはなるまい。何で日帝が景福宮全体を更地にしてしまわなかったのかを疑問に抱きつつ♪

慶会楼(キョンフェル)

 とりあえず建物は一通り見たのだが、同じ敷地内にある民俗博物館や中央博物館を見る時間は残っていなかったのが残念。また今度来ることにしよう。

投稿者 かわねぎ 10:56 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 旅行記

今日もシンソンソルロンタン

 韓国旅行も4日目最終日。帰りの飛行機に乗るまでまだ数時間、食事にして2回分残っている。まずはチェックアウトした上で、宿に荷物をしばらく預かって貰うことにした。身軽になって、朝食に出動だ。

定番のソルロンタン

 私にとっては朝の定番になりつつある明洞のシンソンソルロンタンへ。ソルロンタン(5500ウォン)を注文だ。さっぱりした汁かけご飯――スープが主か――は朝食にぴったりだ。ついでにお土産用のキムチ(1.5kg・10000ウォン)も頼んでおく。ここのキムチはなかなか美味しくて、最近では毎回お土産に買って帰っている。

 さて、お腹もこなれた所で最後の観光に出かけましょうか……っと、鳥さん、携帯無くしたってぇ!?

投稿者 かわねぎ 08:50 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

2005年08月06日

焼肉 コムクッシチプ

 夕ご飯は久しぶりに焼肉。日本でも全然食べていなかったので、本当に久しぶりだし、何より本場韓国だ。
 お店は明洞のコムクッシチプというところで、鳥さんが前回来たところらしい。事前にロッテホテルのJCBプラザで予約を入れてもらっておいた。ノビチブという有名店の隣の階段を上がり2階へ。予約で話は通っているので、すぐ席に案内された。

 メニューと注文は日本語で対応して貰えるので楽だ。けど、日本語部分は見ないで、センカルビ ハナ、ヤンニョムカルビ ハナ、オギョブサル ハナ、ソジュ ハナとサクサクと頼む。要は3種類のお肉を1人前ずつと焼酎だ。アジュンマは韓国の焼酎がどんな物か知っているか心配してくれたが、お馴染み眞露チャミスルの小瓶なので、それジュセヨ♪

おかずやらサンチュやら

 まずはチャミスルで乾杯。とりあえずビールよりも、郷に入りては郷に従えで、焼酎のストレートでしょう。おかずをつまみにちびちびと♪

でかいぽ ▽( ゚Д゚) 比較の100ウォン玉と比べてみて
 川o・-・)ノ せんせー、でかいです

 まず来たのはセンワンカルビ(生カルビ・30000ウォン)。でかっ ▽( ゚Д゚)。 思わずその大きさに圧倒される。大きさだけではなく、味の方も圧倒される。焼き上がった肉に粗塩をちょんと付けるだけ。お肉の味を純粋に味わうのが一番の食べ方だ。お肉が柔らかくてマシッソヨ (*^。^*)▽ うん、これだけでソウルまで来た甲斐があるというものだ。

定番ヤンニョムカルビ。骨付きはデフォなのでつ

 次はヤンニョムカルビ(味付カルビ・23000ウォン)。定番の「骨付きカルビ」だ。こちらはサンチュに載せて色々トッピングしてかぶりつく。う〜ん、こちらも負けずに美味しい。お酒が足りなくなったので、「アガシ〜 チャミスルジュセヨ〜」と追加しましょうか。

オギョプサル

 こちらはオギョプサル(豚の五枚肉・9000ウォン)。サムギョプサルと似たような物で、要は豚焼肉だ。牛カルビと比べると味の傾向は違うが、これはこれで美味しい。こちらのサンチュに巻いてかぶりつきましょうか。アガシ〜、サンチュジュセヨ〜♪

コムククス

 結構お腹が一杯になったところで、締めのシクサ。この店のウリである「コムククス(6000ウォン)」を頼む。コムタンスープに入ったうどんだ。スープの味はなかなかの物。焼肉を結構食べたが、これなら最後に入るといった感じだ。

 なんだかんだでJCBな割引が付いて二人で76000ウォン。こんなもんでしょうね。値段以上に満足感があったのでした♪

投稿者 かわねぎ 20:53 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

南浦麺屋で冷麺

 お昼ご飯は冷麺(ネンミョン)。市庁近くの「南浦麺屋(ナンポミョノッ)」というお店へ行く。表通りから細い路地を入っていくと、見えてきたのがこちら。

南浦麺屋

 日本語入りのメニューを見て、水冷麺(ムルネンミョン・6500ウォン)を注文する。辛いビビンネンミョンもあるが、暑いこともあり、ムルネンミョンだろう。まずはおかずが2品。白菜キムチと水キムチだ。白菜キムチも美味しいが、水キムチの酸味がさっぱりしていて、こちらもなかなかの物だ。室内の入口近くに何か壺が埋まっているのだが、それが水キムチを漬けているものらしい。

ペチュキムチとトンチミ

 しばらくしてやってきたのがこちらの冷麺。極めてシンプルな盛りつけだ。麺をハサミで切らないでそのままの様だ。切らない方が美味しいと言う話しもあるので、この店流なのだろうか。
 麺は思ったより細く、すぐ噛み切れるのでハサミで切らなくても大丈夫だ。弾力という点では物足りないが、食べやすい。トンチミの酸味の効いているスープもさっぱりしていて、麺の喉越しをさらに良い物にしてくれる。コチュジャンをお好みで加えると、さらに良いだろう。

ムルネンミョン

 シンプルな料理ではあるが、味わい深い物だった。すいすい食べる事が出来、辛い料理にうんざり(してないけど)した時などにも良いだろう。よく冷えたスープのおかげか、身体の中からさっぱりできた。うん、なかなかの物だった。

投稿者 かわねぎ 14:51 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

韓流スターだっ

 今日の成田〜仁川便で来韓した鳥さんと宿で無事合流する。待ち合わせ場所が成田空港→仁川空港→現地ホテルと、どんどんとエスカレートしていく。次はKTXの車内とか(ぉ)。それはさておき、宿に荷物を置いて、ちょっと遅めの昼食に出かける。

 お腹も空いているので、あまり遠くには行かず、目指すは市庁界隈。まずは明洞を突っ切ってということでメインストリートを歩いていく。さすがソウル一番の繁華街だけあって、土曜日の午後は人がいっぱいだ。
 まわりはカップル同士だったり女の子同士仲良く手を繋いでいたり、野郎二人というのは、ちょっと浮くかも。

土曜の明洞は人大杉

 そんな人大杉状態の中、向こうから異様な熱気の一団がやって来た。何か肩に抱えた二人が後ろ向きに歩いて、その後を格好良い男性が歩いて、その後が群衆で……ロケの様な……

 って、これは、韓流スターでつか?

ほほぅ、では写真を、と思ったら、キャーキャー言ってる群衆に巻き込まれ……ヽ(`Д´)ノ タスケテー

まったく配達の邪魔ニダ……と、バイクのお兄さん

……結局写真撮れなかったぽ。ケータイカメラを片手に女性達が追っかけていたけど、凄いのなんのって。日本人のオバチャンが追っかけていた訳ではないので、日本で露出している「韓流スター」ではないんでしょうなぁ。

  で、誰? 今の?

……しらんがな (´・ω・`)▽

投稿者 かわねぎ 14:06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 旅行記

車窓から

 列車の旅をする楽しみの一つに、流れる車窓を見るという事が挙げられる。何もしっかり目に焼き付けようとしなくても良い。ただ、なんとなく見ているだけでいいのだ。後からふと思い出せれば、それでいい。

光明〜天安牙山間

 ふっと、今、何処にいるんだろうか、なんて考えてしまう。確かに自分がしているのは韓国旅行。でも、今、この景色を切り取ったら、どうなんだろう。

論山〜益山間

 植生も作物も日本と変わらないこの景色。ああ、ここは60年前までは正しく日本だったのだな。そして、これは日本の景色だったのだな。その景色の下で、朝鮮人と日本人が共に暮らしていたのだな。

流れる車窓にそんな事を、ふと、考えてみたり。

投稿者 かわねぎ 12:52 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

慶州名物 ファンナムパン

 東大邱(トンテグ)まで来たのは、午後から鳥さんと落ち合う時間調整の意味もあるが、とある物を買いに来たことがメインの目的だ。

東大邱駅

 慶州(キョンジュ)名物に皇南パン(ファンナムパン)というのがある。去年買ってみて、なかなか美味しかったので、今年も買って帰りたいと考えていた。さすがに慶州まで行くのは時間的に無理なのだが、東大邱に売店を出しているのを去年チェックしていたので、慶州まで行かなくてもゲット出来るのだ。

皇南パンの売店

 確か改札出てから左手の方に……ありましたありました。入っている数によって3種類の箱があるのだが、中サイズの30個入り15000ウォンの物を買い求める。受け取るとずっしりと重い。途中で食べようと思っていたので中サイズを買ったのだが、ちょっと買いすぎたか……

お茶請けにファンナムパン♪

 そもそもこのファンナムパンは何かというと、パンと名前が付いているが、要は小豆餡の饅頭だ。ずっしりと餡が詰まっているので、箱が重い。味の方は甘さが意外と控えめで、美味しい。これは日本人にも好みの味だろう。仁川空港あたりでも売ってくれれば必ず買って帰るんだけどなぁ……ちなみに今日買って11日まで日持ちがするそうだ。
注記:仁川空港で売っているらしいけど、そちらは「慶州パン」という類似品だそうで……

 さて、買う物買ったので、KTX110号でソウルに戻るとしましょうか。東大邱滞在時間わずか30分。ファンナムパンを買うだけの旅だったのである。普通にきっぷを買うと往復で69800ウォンだから、1700円の饅頭を買うために8000円の旅費をかけたと。もうね、アホかと。馬鹿かと。フリーのKRパスだから出来る芸当だったりもする。

投稿者 かわねぎ 11:26 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

忠武キンパッとKTXと

 ジャッジメントされている間に(謎)KTXを一本逃したので、逃した指定券のデリート許可を取って、KTX105号東大邱(トンテグ)行の一般室の指定を改めて取る。KRパスだと一般室は無料で取れるので、今日の様な無駄な行程(後述)も出来てしまう。

ソウル駅ホームへ。広いぽぉ

 指定された号車は1号車で、東大邱行きだと一番後ろになる。編成全体で1号車だけがポツンと一般室になっているのは、機関車側だと静粛性に問題があるからだろうか。指定された席は進行方向向きなので、ちょっとホッとする。何せ車両の半分は逆向きだからねぇ。

KTX一般室車内

 発車と同時に買ってきた朝ご飯を広げる。明洞のど真ん中にある忠武キンパッ(チュンムキンパッ)で買ってきた忠武キンパッ(4000ウォン)がこちら。テイクアウトもこのように専用容器が準備されていて可能になっている。

チュンムキンパッ

 具無しの小型海苔巻きを、付け合わせのカクテキとイカの唐辛子和えと一緒にいただく。イカがなかなか美味しく、味の付いていないキンパッが進むのだ。ちょっと匂うが、まぁ韓国だし問題ないだろう。
 でも、隣席の若者がラテ+ワッフルを食べてるのを見て、一瞬自分の方がコリアンっぽい食事だなぁと思ったり。でもよく考えたら、マックなんかを食べてる日本人の隣でガイジンが寿司を食べていて「自分の方がジャパニーズぽいネ」なんて言っているのと同じだなぁと。

 KTXは高速専用線に入りどんどん速度を上げていく。さて、終点の東大邱までマターリしましょうかね。

2時間で東大邱到着

 ソウル→東大邱 KTX一般室で34900ウォン

投稿者 かわねぎ 09:11 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 鉄道 /| 旅行記

ジャスミン祭@ソウル

 ソウルに来たら、必ずTooniverseにチャンネルを合わせている。韓国旅行3日目の朝も、出かける準備をしながら、マターリとテレビを見ていた。そしたら、耳慣れた音楽が♪ ま、イルボンなアニメ・特撮がほとんどなので、大抵が耳慣れている訳だけど。

ぱわ、ぱわ、ぱわ、ぱわ、パワレンジャー♪

 特捜戦隊デカレンジャー、じゃなかった、パワーレンジャーSPDをやっているではないか。こちらはオープニングからジャスミン。役名はコードネームでそのまま呼ぶのね。お茶っ葉な語源はともかく日本名っぽく無いから韓国でも通りが良いのかも。で、今回のお話しはエピソード07「サイレント・テレパシー」。ジャスミンとエスパー少年の話だ。

「ジャスミンはエスパーである」

 この時間帯は二話構成で一時間枠となっている。続けてエピソード08「レインボー・ビジョン」をやる訳だ。ということは…………

ドギ・クルーガー様もちらりと……

せぇらぁ服キタ━━━━━(゚∀゚)▽━━━━━!!!!
これを見ないとデリートされても文句言えないのでつ

ジャスミン祭@ソウル、ワショーイなのでつ♪ ▽(;´Д`)ノ

十分堪能したところで地下鉄でソウル駅に向かい……やべっ、こんな時間ぽぉ

……ネタのために、KTX一本逃した馬鹿でつ……orz

投稿者 かわねぎ 08:35 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | アニメ・特撮 /| 韓国 /| 旅行記

2005年08月05日

明洞 ソウルスンドゥプ

 今夜の宿はソウルは明洞。4度目の明洞iTELへ。チェックインして荷物を置いたら、一風呂浴びてから夕食へと出撃することにする。最初は暑いときには参鶏湯、と思っていたのだが、どうも韓国に来てから唐辛子満載な物を食べていない。ということで、目標はチゲの方向へ変更となった。

 お店はほど近いソウルスンドゥプへ。リンク先の記事によると、同じ名前の店があるとか系列がガンガン変わるとか、良くわからないが、まぁ、とりあえず身体は唐辛子を求めているということで (´ー`;)▽

 メニューを見て、オーソドックスなソッコスンドゥブ(6000ウォン)を注文する。さっそくおかずが4品出てくる。こちらはあまり辛くないのが揃っているのは、チゲの箸休めに適しているということか。

あまり辛くないおかず達

 そして、やってきたチゲ本体がこちら。ぐつぐつとニダっているのは当然だ。そして、そこへ卵(何個でもサービス)を一つ割り入れて、ちょっとかき混ぜる。辛さがマイルドになるので、あまり入れても味が薄まってしまうので、一個だ。

スンドゥプチゲ ハナ〜♪

 ふぅふぅしながら一口。うん、ただ辛いだけでなく、色々なダシが効いている。「ソッコ」とは「混ぜた」という意味らしい。卵と豆腐のおかげで程よい辛さになっているので、汗かきながらチゲを啜っていく。ご飯も適宜投入して、どんどんいただきましょう。

 汗を額に滲ませながらマシッソヨ。うん、暑いときに熱い物もいいなぁ。

投稿者 かわねぎ 19:40 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

中央線でのんびりと清涼里へ

 安東駅に戻り、ソウル・清涼里(チョンニャンニ)行のセマウル1094号の改札開始を待つ。これからおよそ4時間の乗車に備えてペットボトル入りの水(500ウォン)も買っておきましょうか。
 セマウルはディーゼル機関車牽引の客車タイプの6両編成で、すべて一般室車だ。最後尾はこのとおり中間車で終了となっており、編成美という観点からは竜頭蛇尾と感じる。日本の感性なんだけどね。

マイテとは言わないけどせめてスハフという文化はないのかねぇ

 一般室の車内はこんな感じ。一般室といえどもシートピッチは広く、さすがに元看板列車といったところだろう。寝るには適したシートだ。

セマウル一般室。広いぽ


 この中央線は非電化単線の山越え路線。セマウル号といえども、そんなにスピードは出ずに、のんびりと山間を進んでいく。時間はかかるが、急ぐ旅でもないので、京釜線とは違った車窓を楽しむ事にしよう。
 栄州からは電化区間で、すれ違うムグンファの牽引機関車が電気機関車になっていたとしても、ローカルなイメージは変わらない。
 清涼里に近づくにつれ景色は都会になって来ているのだが、中央線自体が裏街道なのか、どこかうらぶれた感じがする。電鉄化工事を盛んに行っているので、完成した暁にはまた違った様子を見せてくれることだろう。

中央線のステーション 清涼里

 約4時間でソウル側のステーション、清涼里に到着した。表玄関のソウル駅を見てしまうと、こぢんまりとした駅に見えてしまう。ホームの規模はそれなりにあるけれど、野暮ったさというか、雰囲気が違うのだ。

安東→清涼里 セマウルで21300ウォン

 ちなみに、駅前の広場で「独島はウリナラの物ニダ」なイベントをやっていた。この前買った漫画本と一緒に記念写真を……と思ったけど、帯取ったらハングルでタイトルが書いてあるので、やめときました♪

投稿者 かわねぎ 18:38 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

キンパッ天国

 安東(アンドン)の有名な観光地としては、河回村とか陶山書院とかが郊外にあるのだが、小一時間の乗り継ぎ時間では当然見に行くことは出来ない。では何か名物でも食べようかと思ったのだが、調査不足と時間不足で、これまたゆっくり味わいに行くことが出来ない。鯖の塩漬け「安東カンコドゥンオ」が有名だそうだが、味わえないのが残念だ。
 それでもお腹が空いたので、何か簡単に食べられる物を駅前周辺で物色する。コンビニで買うのが一番簡単なのだが、次に簡単そうなところで、キンパッのチェーン店に入ってみることにした。結構あちこちにある「キンパッ天国」という店だ。

ハングルの学習。クリアしないと食事にありつけません。いや、マジで

 さて、メニューはというと当然キンパッなのだろうが、この注文票を見て、圧倒されてしまった。ファーストフードに類するだろうから、ハングルの読解に時間をかけるのもナニだし、そもそも時間が有り余っているわけではない。その中で「ビビンパッ」という文字列が目に入ってきたので、これにしてしまおう。あ、その下は「トルソッ」……トルソビビンパッ ジュセヨと、無難に石焼きビビンバ(3500ウォン)にしておいた。値段は安い方だ。

石焼きビビンバ。400円と思えば、まぁまぁ

 こちらがやってきた石焼きビビンバ。昨日の全州ビビンバと比べてはいけません。
まぁ、不味いという訳では無いし、それなりに食べられる。この値段で満腹になるのだから、これはこれで有りだろう。ただ、おかずのキムチはしょっぱいだけで、味に深みがなかった。韓国で初めて不味いと思ったキムチだった。ま、この値段で味を語ってはいけないのか。

投稿者 かわねぎ 13:46 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

ハルモニに話しかけられたのに (´・ω・`)

 再び釜田駅。有料のインターネット端末があったので、電車の時間まで暇を潰すことにした。15分で500ウォンで、1000ウォン札も使える。使ってみたら……日本語IMEはおろか日本語フォントも入っていなかった。TS9のホームページが見れないぽ (´・ω・`)▽ 。

ムグンファ

 それはさておき、乗る列車は江陵(カンヌン)行のムグンファ1688号、9時10分発。客車タイプの4両編成だ。まずはこの列車で安東(アンドン)を目指す。

ムグンファ車内

 客車は昨日の夜行ムグンファよりも新しいタイプで、座席のモケットも何となく今風だ。指定された席は進行方向右側の窓側なのがラッキー。というのも、海岸沿いを走る区間があり、その時の海側というのが右側なのだ。海雲台を過ぎて海がこの通り見えてくる。夏真っ盛りのビーチは、これから賑わうことだろう。

海♪

 海を過ぎると、内陸部をのんびりと走っていく。非電化単線のローカル線の雰囲気満載だ。途中経由する工業都市の蔚山(ウルサン)や慶州(キョンジュ)は大きな都市ではあるが、その間は本当にマターリしている。

 蔚山から隣の席座ったハルモニが何やら話しかけてきたのだが、全然ヒアリングがダメな私。日本人なので韓国語はよくわからないと答えるしかなかった。それは通じた様で、ちょっと残念そうな表情のハルモニ。冷たいイルボンって思われてしまっただろうか。こうして会話が弾むのがローカル線の醍醐味なのだが、それが出来ないのはひとえに自分の能力不足。ああ、会話が出来たらなぁ……

安東駅

 釜田から所要4時間で、安東に到着。これから清涼里(チョンニャンニ)行のセマウルに乗り継ぐのだが、お腹が空いたので何か食べに行きましょうかね。

釜田→安東 ムグンファで13400ウォン。

投稿者 かわねぎ 13:06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

龍頭山公園に登ってみたり

 食後は、時間潰しに近くの龍頭山公園へ登ってみることにする。確かすぐ近くからエスカレーターが……営業時間は10時半からぽ orz 。 仕方がないので、えっちらおっちら歩いて登ることにした。麓のコンビニでポカリスエットを買って、汗として流す事にしましょうか。最近運動不足だし。

釜山エスカー(違

 既に日差しが暑いのと、たっぷり汗をかいたのとで、日陰のベンチに腰を下ろすことにする。公園は高台なのだが、展望を求めるなら釜山タワーに登るべきだろう。営業時間外というのと前々回登ったので、別にいいけどね。

龍頭山公園の碑と釜山タワー

 公園でちょっとマターリしたら、また階段を降りて地下鉄の駅へと向かう。せっかくなので、隣のチャガルチ駅まで繁華街の国際通りを歩いてみよう。でも、朝早いので、閑散としているのだった。

国際通り。日中は賑やかなのでつ

 さて、地下鉄で釜田洞駅まで戻ることにしましょうか。

投稿者 かわねぎ 08:39 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 旅行記

釜山 天安コムタン

 まだ6時にもなっていないので、食堂も準備中が多い。せっかく釜山まで来ると言うこともあって、何か朝食に適した店は無いかと数件調べておいた。ついでに暇つぶしも出来れば良いかな、ということで、釜山中心部へ行ってみることにした。地下鉄で15分ほどで南浦洞(ナンポドン)駅へ着く。
 とりあえず候補の中の一軒、「天安コムタン(チョナンコムタン)」に行ってみる。朝早くから営業中で「朝食可能店」という英中日併記の掲示も出ている。まだお客さんは入っていないようだが、アンニョンハセヨと入ってみることにする。

天安コムタン外見

 コムタンやらソルロンタンやらトガニタンやら何種類かメニューがあるが、店名にもなっているコムタン(6000ウォン)を注文する。まずはおかずが3皿。カクテキがなかなかだ。そして、程なく本命のコムタンがご飯と共にやってくる。

コムたん♪

 石鍋で軽くニダっている状態。まずは一口賞味して、塩とコショウで味を調える。うん、白濁したスープが美味しい。なによりさっぱりしていて起き抜けの胃にやさしいのだ。スープを味わったところで、ご飯を投入してざっくりいただきましょうか。うん、満足。

投稿者 かわねぎ 06:24 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

夜行ムグンファで釜田へ

 計画外で降りてしまった平澤(ピョンテク)。もう22時を回っているので、街歩きも出来ない。仕方がないので、駅の待合室で小一時間、夜行ムグンファを待つことにする。23時32分発だが、既に数分の遅れが出ている様だ。
 やってきた釜田(プジョン)行ムグンファ1221号は、ディーゼル機関車牽引の客車6両編成。指定された席(通路側)に行くと、既に先客が。ムグンファやセマウルは全席指定なのだが、立席券も座席数の数倍発売される。空いていれば席の主が来るまで座っていて良いという文化なのだ。その先客に「そこ私の席ですけどぉ」な視線を送ると、もちろん承知している様で、すぐどいてくれた。
 車内の雰囲気は、客層がムーンライトながらとかえちごよりも少々落ち着いているか。大田(テジョン)や大邱(テグ)への最終列車も兼ねている所は、急行能登みたいな物か。
 さて、寝るか。と思ったが、後ろのグループが座席を向かい合わせに回転しているので、リクライニングが全開で出来ないではないか。文句を……喋れる訳がないので、倒せる分だけで、じっと我慢するしかないぽ (´・ω・`)▽。 ハングルで悪態吐けたらなぁ。
 何となく眠りが浅いようで、振動の無さと駅の灯りでちょっと目が覚める。東大邱(トンテグ)だ。列車はここで本線の京釜線から慶州方面の大邱線へと進んでいく。ああ、去年の夏にも来たところだ。
 私が起きたのを見た隣の席のおっさんが、トイレに行くから前を失礼と跨いでいく。戻ってきてから何やら話しかけられた。手振りから推測すると「何回かトイレ行くから、窓側と通路側交換しませんか?」とでも言っているだろう。私は別に構わないし、寝るのを邪魔されないので、席を交換してあげた。

 うとうとしつつ、しっかりと目が覚めたのは5時過ぎ。海雲台(ヘウンデ)の手前だ。ながらで言えば、岡崎とか安城で目が覚める様な物(ぉ)。あとは降りる準備……と思っていたら、また眠っていたようだった。
 気がついたのは車内整備のおじさんから「お客さん、終点ニダ」攻撃で起こされたから。ありゃ、もう終点の釜田に着いたのか。車内には誰も残っていないし、ホームにも誰もいない。完全に最後の最後ではないか。さっさと改札口へと急ぐと、改札には誰もいなく閉まっているし。あぅ。仕方がないので、くぐり抜けましょうか。

朝の釜田駅

 今回、平澤→釜田 で24500ウォン。

投稿者 かわねぎ 06:03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

2005年08月04日

セマウルで全州→水原のはずが

 今晩の宿はソウル→釜山の夜行列車で一夜を明かそうと予約をしていた。朝鮮半島南半分だけだと距離的に短く、イマイチ到着時間帯が悪く、ムグンファだと朝4時11分に釜山駅前に放り出されてしまう。セマウルだと3時だ。もうちょっとソウルを遅い時間に出ればいいのに。
 その中で、東海南部線経由の夜行ムグンファだと釜山郊外の釜田(プジョン)に5時48分に着くので、これならゆっくり寝ていられる。これに乗ることにしよう。
 乗換駅は西大田になるのだが、数時間も駅で待っていなくてはならないし、西大田から大田駅の移動も必要だ。せっかくのKRパスなので、ソウル郊外まで行って折り返してくることにしよう。時刻表を見ると、水原(スウォン)で9分で折り返せる。よし、計画はこの通り決定だ。

 そんな訳で、全州からは龍山行セマウル1086号に乗って水原を目指す。せっかくなので特室に乗ることにしたのだが、追加料金は1500ウォンとかなり安かった。全州発は20時20分なのだが、既に5分程遅れていた。
 やってきたセマウル号は、8両編成の気動車で食堂車も付いていた。これが2編成連結で看板列車としてソウル〜釜山間を疾走していたのも去年までの話。今ではうらぶれて見えてしまう。
 セマウルの特室は2+2列シートだが、KTRの特室に比べてシート幅もシートピッチもかなり広い。リクライニング角度も大きい上にレッグレストも付いているので、ぐっすりと眠れるシートだ。今では飲み物のサービスは無いが、オーディオサービスのイヤホンは貸してくれる。車内の照明が薄暗いのが韓国国鉄の特徴。読書灯でも点けてましょうか。
 のんびり走るセマウル号。西大田駅を出るときに8分遅れになっており、このままでは水原で返しのムグンファ号に乗れなくなってしまう。その一本後の釜山行ムグンファに乗るか、それとも何処か手前で降りるか。時刻表を見ると、水原より手前の平澤(ピョンテク)で折り返せば問題ないようだ。平澤で降りる事にしてのだが、この時点で結局10分近い遅れ。回復運転という文字が無いようなので、降りて正解だった。全州→平澤間は16700ウォン(特室で19700ウォン)となる。

夜の平澤駅

 って、勢いで降りてしまったけど、ここってどんな街?

投稿者 かわねぎ 23:02 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

全州ビビンバ 家族会館

 全州(チョンジュ)は食の都と言われるそうだが、一番有名なのはビビンバではないだろうか。ビビンバの発祥地ということで、1時間半の間に本番の全州ビビンバを食べようと思う。
 ちなみに、食べた後は大田方面へ折り返すので、ビビンバを食べるためだけにはるばる全州まで来た訳だ。どの位馬鹿かというと、東京観光に来たのに、本場の牛タンを食べるために仙台まで新幹線で往復する、という位に馬鹿な行動だ  (´ー`;)▽

 有名店の「家族会館(カジュクフェグァン)」を目指すのだが、駅から市内は結構遠い。バスルートを探す暇もないので、タクシーに乗り込んで家族会館へと向かってもらう。所要およそ20分で4800ウォンだった。

 店内は夕食時ということもあって結構混んでいた。ちょっと待たされてテーブルに案内される。メニューを渡されて注文するのだが、本来ビビンバは石焼きではない物が元祖なので、普通のビビンバ、「ユキビビンバ定食(8000ウォン)」を注文する。ちなみに石焼でも同じ値段。他に1ランク上の「特味」というのが10000ウォンであったのだが、とりあえず普通のを頼んだ。「コチュジャンは入れるか?」と聞かれたので、「いぇ〜」と答えたが、加えない選択も出来るのだろう。

おかず10品

 まずはおかず。品数の多さには驚きだが、皿の中で黄色いムッには驚き。ドングリなどをゼリー状に固めたぷにぷに系なのだが、黄色というのはあまり見ないか。一通り食べていると、本命のビビンバがご到着。おお、器が金色だ。真鍮製らしい。

本場の全州ビビンバ

 なんか、その辺で食べるビビンバと比べると具が違う。彩りも鮮やかだし、何となく豪勢に感じる。しかし、この彩りは崩さなくては味わえない。しっかりかき混ぜるには器を押さえなくてはならないのだが、アジュンマが「器が熱いよ」と注意するように、確かに熱い。頑張って混ぜましたとも。
 で、まずは一口。う〜ん、マシッソヨ。具そのものが美味しいし、コチュジャンも程よい量で、全体として美味しいのだ。ここまで来た甲斐があったなぁ、発祥残り物の混ぜご飯はもはや一つの文化に昇華してるなぁ、なんて頭に浮かんだけれど、食欲を満たす方へ全力を傾ける。おかずも合わせて、もう、満腹です。

 食べ終わったら会計を済ませて全州駅に戻る。タクシーは何処で拾おうかと悩んでいたのだが、流しのタクシーを近くで捕まえられた。「チョンジュヨク(全州駅)」と告げても運ちゃんの反応が無かったが、Uターンして駅方向に向かったからわかってくれたのだろう。裏道を選んで走る運ちゃん。行きと違う街並を見れたのが収穫だった。駅まで4700ウォン、やっぱり20分位だった。しかし、本当にビビンバ食べるためだけの滞在だった。 (´ー`;)▽

投稿者 かわねぎ 19:30 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 食べ物 /| 旅行記

ムグンファ 益三→全州

 益山でムグンファ1529号に乗り換える。ムグンファ号は急行列車に相当する。KTXが走らない線区では、都市間輸送の主役がこの列車だ。全羅線・麗水(ヨス)行の列車は既に向かい側のホームに入線していた。ディーゼル機関車牽引の客車4両編成だ。

ディーゼル機関車

ムグンファ客車

 基本的に全車指定席で、全車一般室(イルバンシル)である。2+2列のリクライニングシートで、リクライニング角度も深く、KTXよりはるかに居住性が良い。車両幅の広さがそのままシート幅=居住性へ繋がっている。

ムグンファ客車の車内

 日本とそれほど変わらないような景色の中を、のんびりと走っていく。25分で目的地の全州に到着だ。切符を普通に買うと、龍山から一般室26500ウォン(特室で36700ウォン)だ。

全州駅

 さて、これから市内に向かうのだが、帰りの列車まで1時間半くらいしかない。先を急がねば (`・ω・´)▽

投稿者 かわねぎ 18:49 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

KTXで龍山から益山

 龍山から全州(チョンジュ)へ向かう予定を立てていた。予定のKTXに乗り遅れてしまったので、窓口で次のKTXへと変更して貰う。乗り遅れなので特室(トクシル・グリーン車)料金が戻らないかと思ったのだが、手数料1500ウォンを引いて戻ってくるとのことだ。う〜ん、韓国鉄道公社にカムサハムニダなのである。
 改めて龍山→益山(イクサン)のKTX特室と乗り継ぎで益山→全州のムグンファ号一般室の指定を取り直す。特室は料金は別途支払いで5100ウォン、一般室はKTXだろうがムグンファだろうが指定は無料だ。ただし、KRパスのナンバーをコンピューターで管理しているので、時間帯を重複して指定を取れない。よって、乗り遅れた場合はきちんとキャンセルの必要があるのでご注意あれ。

交通公社の全国小型時刻表(違

 指定を取る前に売店で時刻表(シガッピョ・3000ウォン)を買っておいた。プランを立てるのにはやはり冊子の時刻表が一番であるし、今日から3日間乗りまくるのに必須アイテムだ。内容もハングルが踊っていても駅名は漢字表記だし、日本の時刻表と同じように読解できる。

ロゴの下のハングルは「韓国高速鉄道(ハングッコソクチョルト)」

 さて、まずは龍山発16時25分のKTX221号木浦(モッポ)行に乗車する。列車別改札方式を採っており、案内表示板に改札開始の表示が出てからホームへ入る。機関車+18両編成+機関車で、乗車号車は4号車だ。特室は2+1列配置なのは車体が狭いためで、山形新幹線を思い浮かべて貰うと良いだろう。セマウル号に比べるとリクライニング角度も小さい。これじゃ不満も出るわなぁ。

KTX特室車内

 いきなり始発の時点で7分遅れて発車する。1分でも遅れとする日本の感覚からはどうも違和感を覚えてしまう。ま、10分くらい遅れてもダイヤ編成に影響は無いんだろうけどね。
  KTXはソウルしばらく在来線を走り、始興(シフン)を過ぎる頃に専用線に入る。ここからが高速鉄道の本領発揮だ。幅の広いトンネルは衝撃圧「トンネルドン」を解消する技術力の無い賜物で、そういえば「圧迫感が無い」というマンセー記事を書いていたイルボンの経済新聞があったなぁと思い出してみたり。
 どう見ても過剰設備としか思えない光明(クワンミョン)と天安牙山(チョナンアサン)を通過する。通過2線+ホームが2面4線+さらに2線。白石蔵王とか上毛高原クラスの駅に新大阪とか大宮規模の駅を作ってどーするよ。

300km/hニダ。世界一ニダ (違います

 KTXの最高速度は300km/h。日本の500系のぞみと比肩しうるが、表定速度(停車時間を含む平均速度)では在来線区間があるKTXは著しく劣ってしまう。それはさておき、最高速度区間になると、ビデオサービスの画面に速度表示テロップが入る。うん、確かに300km/h。速いことは確かだ。

ご丁寧に紙ナプキンまで

 KTX特室のサービスとして、オーディオのイヤホンと、飲み物のサーブがある。飲み物は無料なので、「コピジュセヨ♪」と言って缶コーヒーをいただく。何でも缶コーヒーにはお菓子が付いてくるとの事だ。うん、サービス(・∀・)イイ! 車掌兼務のお姉さんもにこやかだし♪

 KTXは大田(テジョン)市内に入ると在来線へと戻る。湖南線は分岐して、西大田(ソテジョン)駅へと停車する。ここまで所要49分。ここからは在来線を走るので、セマウルと所要時間はそう違わない。48分で乗り換え駅の益山だ。同じ様な所要時間だが、距離は157.6kmに対して82.2kmと大きく異なる。さすが高速鉄道なのである。

投稿者 かわねぎ 18:00 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1) | 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

龍山駅とガンダムと

 龍山駅は、ソウル駅の南に位置する、湖南線・全羅線・長項線のターミナルだ。地下鉄1号線〜電鉄線も加わり、駅の規模はかなり大きくなっている。KTX開業後、駅舎も大きく変わった。

湖南線・全羅線・長項線のターミナル

 龍山といえば龍山電子商街があり、パソコンやらデジカメやらmp3プレイヤーやら一般的な物からヲタ風味な物まで揃う場所だ。そして、ヲタ属性の一つとして、確か電子ランドのビルに……

認めたくないものだな。乗り遅れ故の過ちというものを
「少佐、連邦の白い奴であります!」

ありましたありました。しかもRX-78NT1・アレックスだし。前回来たときは、RX-78だったんだよね。

 それはさておき、電車の時間まで龍山駅隣接の「SPACE9」というビルの中でも物色してみることにする。ここではパソコンやらデジカメやらmp3プレイヤーやら売っているが、ゲームソフトの方に目が行ったり。ニンテンドーDSのソフトは韓国版ってないんですかねぇ。
 それにしてもゲーム店のお兄さんから、「いらっしゃいませ〜」の声をしっかりとかけられるのは、何故なんでしょ。

 @ゲーム屋のバイト君には日本人観光客を区別出来ない
 A私がゲームヲタの風貌で、それは日韓共通である

投稿者 かわねぎ 15:30 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | アニメ・特撮 /| ゲーム /| 韓国 /| 旅行記

入国したら両替とか切符とか

 入国したらまずは両替。手持ちの2000円札5枚を両替すると、返ってきたのは88000ウォン。少ないぽ(´・ω・`)▽。 1000ウォン=113.6円となるから、かなりの円安だ。来る度に円安になっていくのは、何故だろう。
 次に韓国鉄道公社の案内所を探す。国鉄全線フリーきっぷである「KR-PASS」をネット予約してきたので、バウチャーを引き替える必要があるのだ。もっとも、サイト上からE-チケットがプリントアウトしようとするとエラーが発生してしまい、予約番号だけ印刷して持ってきたのだが。エラーについてはかなり前から生じていて、国鉄側も把握しているらしいのだが、直せよと。
 去年あったカウンターとは違う場所に移っていたので、探すまでに時間がかかってしまった。そしてパスの発券と共に、KTXやらセマウル号やらムグンファ号の指定券も発券してもらう。時刻は韓国鉄道公社の予約ページで調べておいてハングルでメモ書きしてきたので、発券はスムーズだった。

鉄ヲタ全開な予約もイヤな顔せず取ってくれます
KRパス(3日間有効)は$76。値上がりしたぽ

 さて、全ての準備が完了したので、一般リムジンバス乗り場に行ってチケットを買ってバスを待つ。ソウル駅の手前、龍山(ヨンサン)駅まで6500ウォンだ。何でも明日からリムジンバスは1000ウォン値上げになるらしい。で、バスを待つが、乗るべき601系統はなかなか来ない。やべ、最初に取ったKTXに間に合わない恐れが出てきた。

間に合わないから写真でも撮って……
龍山駅近くの歩道橋から。南山のソウルタワーが見える

 結局、KTXの発車時刻に遅れること4分。いきなり特室料金(グリーン券・別料金)が無駄になってしまった。金浦空港経由だったから時間かかっちゃったからなぁ (´・ω・`)▽ ま、諦めて次のKTXにしましょうかね。

投稿者 かわねぎ 15:20 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | 2000円札 /| 韓国 /| 鉄道 /| 旅行記

3泊4日 韓国旅行出発〜

 夏休みの旅行先として、またもや韓国。今回は実質3泊4日の余裕ある日程なので、韓国の鉄道にのんびりと乗ってみようかと思っている。8月に入ってやっと計画を立てる気分になったので、ある意味行き当たりばったりの要素が大きくなっていると思う。
 まずはソウル行きの飛行機に乗るために成田空港へ。普段なら成田エクスプレスか快速エアポート成田なのだが、丁度良い時間がないのとオークションで京成の株主優待券を手に入れたので、京成のスカイライナーを久しぶりに利用することにした。

 ソウル仁川行き全日空NH907便は10時45分の出発。ANA-JCB-GOLDカードを片手にビジネスクラス用カウンターでチェックインする。航空券は前回の香港旅行の残りの区間を使用するので、見た目片道切符だ。それを疑問に思ったのか、係員が帰りの航空券はあるのかとしきりに気にしていた。別に帰りのチケットを持っているのが理解できないようで、「向こうにお住まいですか?」などと言われたり。あのー、ソウル発券なんでつけど  (´ー`;)▽。 まぁ国によっては帰国時の航空券が無いと入国拒否・強制送還となる所もあるから、チェックするのだろうけど、韓国だからケンチャナヨなんだけどね。

 ラウンジで一休みしてからセキュリティを抜けて出国審査。指定されたゲートはE70のJ。どこかなぁと思ったらば、バスラウンジだった。いきなりバスでつか ▽( ゚Д゚)

バスは東名高速〜関釜トンネル〜京釜高速経由でソウルまで2時間 ( ゚Д゚)つ)д`)▽

 タラップを登っていくのも、飛行機を間近で見られるから結構好きなんだけどね。今回の機材はエアバスのA-320。小さい飛行機だ。

NH907便。皆様のご搭乗をお待ちしております♪

 機内の楽しみの一つが機内食。日韓線は距離が短いこともあってたいした物が出ないのだが、それは仕方ないだろう。今回もハンバーグサンドとサラダのランチボックスだ。意外とハンバーグが大きくて食いでがあった。一つ言えるのは、この前のJAL上海便よりもこっちのコールドミールの方がはるかに美味しいということだ。やっぱANAかなあ。でもアシアナ航空だとホットミールで美味しいって聞くしなぁ。

品名 ICNランチボックス

 ワインを飲みながらマターリするついでに、機内サービスのパンフに目を通してみる。A-320はパーソナル液晶テレビもスクリーンも無いので、オーディオサービスのみ。救命胴衣の使い方のビデオも流せないので、安全については9代目たん(誰)が通路で実演してくれるのだ。で、オーディオサービスの話だが、夏休みということもあるのか、こんな番組をやっているようだ。

まっくすは〜と♪
これは朝鮮半島上空で高らかに歌えという挑戦でつか?

 早速オーディオを7チャンネルに合わせてみると、番組は後半でしまじろうとかトトロとかが流れていた。まぁ、そのうちやるだろうと思っていたら、延々と番組後半をループするではないか。今週はマジレンジャーも響鬼もプリキュアも見られないというのに、こんな仕打ちでつか。ANAには謝罪と賠(ry

   ( ゚Д゚)つ)д`)▽

 そんなこんなで、仁川空港へは定時に到着。入国審査へと小走りで急ぐ。日本人が多そうな列に並んで順番を待つ。あと4人と言うところで、脇から欧米な人がエクスキューズミーと盛に何かを訴えかけてきた。
 なんでも、乗り継ぎであと20分しか時間がないので、審査の順番を先にしてくれとの事。トランジットでイミグレ? 疑問に思ったが、まぁ後ろに並んだ人達からに順番にお願いしてきているので、礼儀はなっている訳だし、OK、OKと先に進ませる。前の3名も同じように進ませていたようだ。
 が、審査官とのやり取りで詰まってしまった様子。英語と身振りと乗継チケット提示で必死に訴えるものの、通じない。誰か通訳してくれとこっち側に哀願するものの、私は韓国語判らないし。次に並んでいた韓国人?が通訳してくれたようだが、欧米な人は別室送りになってしまった。可哀想なのは韓国人がとばっちりを受けたこと。

「なんでお前は韓国籍なのに外国人列に並んでいるニダ?」
「こっちの方が空いているニダ」
「いいから、お前も別室来るニダ!」
「アイゴー、ウリにまで酷い仕打ちニダ。謝罪と賠(ry ヽ<`Д´>ノ」

なんて受け答えがあったかどうか知らないが、韓国人氏まで連れて行かれてしまった。かれはすぐ釈放?された様だけど、乗り継ぎの欧米な人はどうした事やら……

 とにもかくにも、無事、韓国に到着したのでありました。

投稿者 かわねぎ 13:07 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | アニメ・特撮 /| 韓国 /| 韓国 /| 航空 /| 食べ物 /| 旅行記

2005年08月03日

鶏頭を植えました

 昨日買ってきた鶏頭を植えてみた。

ケイトウ

投稿者 かわねぎ 08:01 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | その他色々

2005年08月02日

ペットショップの巡回ルート

 たまに少々まとまった時間を取って、横浜市都筑区方面へドライブがてらペットショップ巡りをしている。その巡回ルートとして、アサヒペットという系列の店舗を3店舗回る事が多い。「ペットエコ横浜」という名前で展開しており、R1原宿交差点付近の湘南店、港北ニュータウン店、センター北駅の都築店が巡回先になっている。
 2ヶ月ぶりに巡回して、まずは湘南店に行くと……小動物の生体がいないぽ (´・ω・`)▽
 仕方が無く港北ニュータウン店へ行ってみると、やはり小動物の生体がいない。なんでも、小動物の生体の取り扱いは注文に限り受け付けるとの事らしい。という事は、消耗品買いついでに生体を見て ▽(;´Д`) する事が出来なくなったという事だ。湘南店はキャンベル「まりな」の出身地だったのに。
 アサヒペット系列は全部そうなってしまったのかと思いつつ、最後の砦、都築店に行ってみる。すると……いました。ハムちゃんをはじめ、小動物達がいました。オレンジサテンのゴールデンたんなんか ▽(;´Д`) ものでつ。

 都築店は大丈夫ならしいので一安心。でもそうなると、巡回ルートの再編と新規開拓が必要だなあ。今後の大使館員のスカウトのためにも。

投稿者 かわねぎ 18:13 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハムスター

2005年08月01日

とうもろこし祭

 家内がトウモロコシを茹でたので、塩を振る前にハムちゃん達にあげてみた。

あげないでちゅよ
何撮ってるでちゅかぁ

届かないでちゅぅ
のび〜

早くよこせでちゅ〜
……それコーンじゃないぽ

投稿者 かわねぎ 21:52 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ハムスター